NTT、ドコモ完全子会社化を正式発表。TOB総額4兆2540億円、年度内完了を目指す

docomo

9月29日、NTTとNTTドコモは報道陣向け記者会見を実施し、NTTがNTTドコモを完全子会社化することを正式に発表した。

NTTは、一般株主が持つNTTドコモ株式すべてをTOBで取得予定。買収総額は4兆2544億円(買い付け価格は1株3,900円)。すべてを取得できなかった場合は株式併合や取得請求を行うことで、完全子会社化を年度内に完了させる予定だ。

完全子会社化したあとはグループ一帯の経営に舵を切り、5GやIoT分野へ投資し、成長につなげる考え。NTTドコモの吉澤現社長は特命担当の取締役となり社長から退任する。新たな代表取締役社長には井伊基之副社長が昇格する形で就任する。

代表取締役副社長には、ドコモ常務執行役員の廣井孝史氏が就任。丸山誠治代表取締役副社長は留任となった。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。