NTT、ドコモを完全子会社に。4兆円超えTOBで5G・IoTにグループ一体で注力

docomo

NTTが子会社NTTドコモの完全子会社化を検討しており、近く発表する予定のようだ。日本時間28日、日本経済新聞が報じた。

TOB(株式公開買付)で一般株主の持つ株を取得する。投資額は4兆円超と国内過去最大の案件となる模様。TOB後は上場廃止となる予定だ。

完全子会社化したあとはグループ一帯の経営に舵を切り、5GやIoT分野へ投資し、成長につなげる考えであるとのことだ。また、菅義偉首相が重要政策のひとつとして挙げている携帯料金の値下げを見据えたコスト削減も考慮に入れているものとみられる。

毎日新聞によると、週内に行われる取締役会にて正式決定される見通しとのこと。近いうちに正式発表があるものとみられるが、この報道を受けてNTTドコモは 「当社が発表したものではない」 とコメントしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。