NTTドコモも「2年縛り」を廃止へ 「2年縛り」終了後は数百円高い料金体制に変わる模様

先日、ドコモは「2年縛り」に関して、契約更新月を1ヶ月から2ヶ月に延長する方針であることが報じられていたが、昨日新たにKDDIが「2年縛り」の自動更新廃止を検討していることが判明。

そもそも総務省が求めている「2年縛り」の廃止とまではいかないが、それなりに努力をしているようにも見える両者だが、NHKニュースによると、NTTドコモも「2年縛り」後の契約更新月を廃止する方針であることが明らかになった。

「2年縛り」終了後は数百円高くなる料金体制を新設する方針

NHKニュースによると、NTTドコモはユーザーが契約してから2年が経過し、「2年縛り」が終了した場合、違約金を支払わずにいつでも解約することができる新料金体制を2016年の夏に導入する方針であると伝えている。

docomo

「2年縛り」が3年目以降廃止されるだけなら非常に嬉しいのだが、残念ながらこれを導入した場合「2年縛り」後の毎月の支払は毎月数百円高くなる方針であることも明らかになっている。

ユーザーは「2年縛り」を継続できるのか、また割引の条件がどうなるのかについては現段階では一切分からないが、毎月の利用料金が数百円程度高くなるとなれば、ほとんどの人は契約更新月で「2年縛り」を更新することを選びそうな気がする。

「2年縛り」自体の廃止もなく、「2年縛り」を外した場合通信料金が高くなるのであれば、あまり今までと状況は変わることはなさそうだ。この問題を巡ってはKDDIとSoftbankも改善策を検討しているとのことで、今後の動向が注目される。

[ via NHKニュース ]

docomo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう