NTTドコモ、スマートフォンの端末価格を1〜2万円値上げの方針へ 「実質0円」は廃止か

docomo

今後ドコモで「実質0円」での購入ができなくなってしまうかもしれない。

スマートフォンの端末価格が1〜2万円値上げ

日本経済新聞によると、NTTドコモはスマートフォンの端末価格を1〜2万円引き上げる方針であることが明らかになった。

どのくらいの値上げになるかはその端末によって違うようだが、「iPhone」などの主要端末の価格を1〜2万円引き上げた後、さらに段階的に引き上げていく方針であるとのこと。

NTTドコモは新規ユーザーがスマホなどを購入する際に、端末価格や月々の利用料金を割引し、端末価格を「実質0円」として新規ユーザーの負担を減らす方法をとってきたが、端末価格の値上げを行うことで「実質0円」をやめ、代わりに料金の引き下げをする可能性がある

何をもって「料金の引き下げ」とするのか

総務省が求めている「料金引き下げ」に関しては、携帯大手3社がどういった形で料金の引き下げを実現するのかはまだ不明だが、現在のところ、ソフトバンクは今までよりも安いプランとして新たに「1GBのデータ定額パック」を正式に発表している

このように安いプランを消費者に提示して「料金の引き下げ」とするのか、それとも現在のプランの値下げをして「料金の引き下げ」とするのか。ドコモとauはまだ新料金プランの発表を行っていないので、今後どのような展開になっていくのか注目だ。

[ via 日本経済新聞 ]

docomo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう