「Oculus Rift S」 が正式発表 外部センサー不要、インサイドアウト方式の最新HMDに

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

3月20日(現地時間)、Facebook傘下のOculus VRは新型VRヘッドセット 「Oculus Rift S」 を発表した。

「Oculus Rift S」 は、同社のVRヘッドセット 「Rift」 シリーズの次期モデルとして登場予定。同社の一体型VRヘッドセットOculus Questと同時期に発売される。価格は399ドルで、発売時期は2019年春を予定している。

外部センサー不要の最新VRヘッドセット 「Rift S」

「Oculus Rift S」 は、Lenovoとの共同開発で生まれた 「Rift」 のマイナーアップデートモデル端末。従来のOculus Riftは外部センサーを必要としたが、「Oculus Rift S」 はセンサーをHMDに内蔵したインサイドアウト方式になっており、外部センサーを必要としないのが特徴となる。外部センサー用のケーブルが不要となり、PCとの接続はケーブル1本で完了するため、使い勝手が向上している。

80Hzのディスプレイ解像度は2560×1440ピクセル (片目あたり1280×1440ピクセル)。従来は1080×1200だったため高解像度化が行われていることがわかる。また、Lenovoとの協業によってつけ心地や遮光性能、センサーの感度や本体重量などの細かい改善も行われており、装着もPSVRのようなリング形式のマウントをダイヤルで調節する仕組みになっているほか、顔とディスプレイの距離も調節できるようになっている。

「Oculus Rift S」 には同じくインサイドアウト方式のコントローラー「Oculus Touch コントローラー」 が付属。Oculus Questと同じものになっているという。

当然ながら従来のOculusとの互換性があるため、Oculus Rift向けのコンテンツは 「Oculus Rift S」 でも利用可能。価格は399ドルで、日本を含めたグローバルで今春発売予定だ。

[ via The Verge ]

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。