Oculus、新型VRヘッドセットの開発にあたりXiaomiとの提携を発表 「Mi VR Standalone」を中国で発売へ

本日、Facebook傘下のOculusは、昨年10月に発表したスタンドアロン型VRヘッドセット「Oculus Go」の開発にあたり、中国Xiaomiとの提携を発表。中国市場向けにVRヘッドセット「Mi VR Standalone」を発売する。

中国向けに「Oculus Go」と同等スペックの「Mi VR Standalone」を発売へ

発表された「Mi VR Standalone」は、Qualcommの「Snapdragon 821」が搭載されるなど、「Oculus Go」とほぼ同等のスペックを持ったVRヘッドセットになる予定。解像度は2560×1440ピクセルで、Oculus Mobile SDKをサポートし、中国のユーザー向けにローカライズされるとのこと。

ちなみに、「Oculus Go」は2018年に199ドルで発売されることが発表されているが、「Mi VR Standalone」の発売日は現段階では不明だ。

[ via Oculus ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。