Meta、Oculusブランドからの卒業を発表。Oculus Questは正式にMeta Questに変更へ

画像:Meta

1月27日、米Meta (旧:Facebook) はOculusブランドから “卒業する” と発表し、Oculusブランドの使用を終了すると発表した。

この “卒業” によって、「Oculus Quest from Facebook」 のブランド表記は 「Meta Quest」 に。また、「Oculus」 アプリも 「Meta Quest」 アプリに変更される。

Oculusブランドの使用終了と同時に、OculusのTwitterアカウントも正式に運用が終了となり、アカウント自体の削除も行われている。

同ブランドの終了理由についてMetaは、仮想現実 (VR) は、人々がメタバースにアクセスするための最も没入的な方法であり、10億人の人々をVRの世界へつなげるという目標に向けてVRヘッドセット『Quest』がMeta社の製品であることを明確にしたいとの考えがあった、と説明。また、Meta社の傘下ブランドをよりシンプルにする狙いがあるとも伝えている。

なお、ハードウェアのブランド表記は変更するものの、ソフトウェアや開発者向けツールなど、MetaのDNAの中核としてOculusの精神は存続するとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。