新型VRヘッドセット「Oculus Quest」が2019年春に399ドルで発売へ スタンドアロン型でも6DoFトラッキング

Facebook傘下のOculusは、9月26日に開催された開発者向けイベント「Oculus Connect」で新型VRヘッドセット「Oculus Quest」を発表した。発売は2019年春予定、価格は399ドル。

「Oculus Quest」は、以前から開発を予告していたスタンドアロン型ヘッドセット「Santa Cruz」の製品版。PCやスマートフォンといった外部デバイスとの接続は不要で、VR体験をすることが可能。

また、ヘッドセットの外部に4つのセンサーが内蔵されており、別途センサーを配置する必要のないインサイドアウト方式となっている。

以前にもOculusは、スタンドアロン型HMD「Oculus Go」を発表・発売しているが、同ヘッドセットの場合はポジショントラッキングができなかった。しかし、「Oculus Quest」のトラッキングは上下左右前後の6DoF。スタンドアロン型でありながら、ポジショントラッキングも可能だ。また、両手で持つコントローラーのトラッキングも6DoF仕様になるとのこと。

画面解像度は片目1600×1440ピクセル。これまでのVRヘッドセットの中でもとても高いものになっている。リフレッシュレートは72Hz。オーディオ(スピーカー)はヘッドセットに内蔵されているため、ヘッドホンやイヤホンを使用する必要はない。

冒頭でもお伝えしたとおり、「Oculus Quest」は2019年春発売予定。価格は399ドルと「Oculus Rift」と同じ価格だ。

発売時のタイトルは50本ほどを予定しているというが、今までのVRタイトルの移植も可能であるため、続々と対応タイトルが増える可能性がありそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。