Oculus Quest 2に120Hzモードが実装予定。ロードマップに記載

FacebookのVRヘッドセット 「Oculus Quest 2」 に、高リフレッシュレート化のアップデートが控えていることがわかった。

現地時間3月3日、Facebookは 「Oculus Quest 2」 の今後のアップデートに関する最新ロードマップを公開。今後のアップデートで120Hzモードを追加することを明らかにした。

Oculus Quest 2に120Hzモードが実装予定

120Hzモードの提供は2021年3月に開始される予定だという。現在の最高リフレッシュレートが90Hzなため、1.5倍の滑らかさのもとでOculus Questが動作できることになる。

ただし、ロードマップのスケジュール確度に関して 「Medium (中程度)」 と記載されていることから、今後の開発次第ではリリース時期が2021年3月以降にズレ込むことも考えられそうだ。

ちなみに画面のリフレッシュレートとは、1秒間に何回画面の書き換えが行われるかを示す数字。この数字が大きくなればなるほど画面描写が滑らかになる。

Oculus Quest 2の画面リフレッシュレートは当初72Hzとされていたが、その後のアップデートで現在は90Hzで駆動させることが可能になっている。没入感をより高くする改良になるため、今回のロードマップ情報にはユーザーから大きな期待が寄せられている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。