Apple、5.8インチ型iPhoneの販売を計画? 有機ELディスプレイ搭載が特徴

次世代型のiPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、新たな進化を遂げる可能性が指摘されているiPhoneだが、その実現はほとんどの報道では来年の2017年に発売となる「iPhone 7s」シリーズ以降になると言われている。

あくまで「早くても」ということなので、「iPhone 7」でも有機ELディスプレイが搭載されない可能性は十分にあるのだが、ある噂によると2017年に発売になる有機ELディスプレイを採用したiPhoneはさらに大きいモデルが登場するのかもしれない。

早ければ2017年にも有機ELディスプレイ採用モデルが登場?

The Motley Foolは、DIGITIMESの事前レポートによると、Appleは5.8インチ有機ELディスプレイを搭載したiPhoneのリリースを目指しており、リリースは2018年を予定しているようだと伝えている。

iphone-6-battery

有機ELディスプレイの提供元はSamsung DisplayとLG Displayの他に、JDI(ジャパンディスプレイ)を含めた3社となり、前述の2社は来年から、JDIは再来年から量産体制に入るとのことだ。

一応、有機ELディスプレイを搭載したモデルのリリースは2018年を目指しているとしているが、情報元は早ければ2017年にも登場するかもしれないと伝えている。

今回の情報がどこまで信憑性があるかは今のところ分からないが、さすがにあまり期待できない話であることは間違いない。

というのも有機ELディスプレイが搭載される可能性は指摘されているため、僕も十分あり得る話だと思うが、現行の4.7インチモデルと5.5インチモデルに新たに5.8インチモデルを追加する意味がそこまでないからだ。

iphone-5se-mockup-by-macrumors_1

もし仮に5.5インチモデルを5.8インチモデルに置き換えたとしても、4.7インチモデルとの間に1インチ以上も開きがあるのはAppleのラインナップの中でもあまりに考えづらいからだ。現在あまりに複雑化されたAppleのラインナップにさらに新しいモデルを投入するとは思えない。

もしかするとiPhoneのホームボタンが廃止され、フロント部分が全てディスプレイになったとしたらあり得るかもしれないが、今の段階では非常に可能性が低い噂だと言わざるを得ないだろう。

ただし、有機ELディスプレイは省電力性や画面がはっきり見えるということから今後の搭載が大いに期待されている。僕もそれだけはとても期待しているので、ぜひ新型iPhoneに搭載してほしいと思っている。

[ via MacRumors ]

iphone-6-battery
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう