買い切り版 「Office 2021」 の国内価格が発表。10月5日から順次発売

10月4日、日本マイクロソフトは今月5日に順次発売する買い切り版 「Office 2021」 の価格を発表した。

買い切り版 「Office 2021」 の価格が発表

「Office 2021」 のラインナップは、Mac専用のものを含めて全6製品。Word、Excel、PowerPoint、Outlookが同梱する 「Office Home & Business 2021」、Word、Excel、Outlookが同梱する 「Office Personal 2021」 、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisherが同梱する 「Office Professional 2021」 と、そのアカデミック版 「Office Professional Academic 2021」、Word、Excel、PowerPointを同梱したMac専用製品 「Office Home & Student 2021 for Mac」 とそのアカデミック版 「Office Academic 2021 for Mac」 が用意されている。

それぞれの価格は以下のとおり。VisioとProjectを除いて、Office 2019から据え置きとなる。各製品に含まれるアプリケーションについてはこちらのページから確認していただきたい。

Office 統合製品 価格表
製品名 対応プラットフォーム 参考価格(税込)
Office Home & Business 2021 Windows/Mac 38,280円
Office Personal 2021 Windows 32,780円
Office Professional 2021 Windows 65,780円
Office Professional Academic 2021 Windows 30,580円
Office Home & Student 2021 for Mac Mac 26,180円
Office Academic 2021 for Mac Mac 18,480円

クリックで拡大

アプリケーション単体でも購入可能。ラインナップと価格は以下のとおり。提供形態などの詳細はこちらのページから確認可能だ。

単体製品 価格表
製品名 対応プラットフォーム 参考価格(税込)
Word 2021 Windows/Mac 16,280円
Excel 2021 Windows/Mac 16,280円
PowerPoint 2021 Windows/Mac 16,280円
Outlook 2021 Windows/Mac 16,280円
Access 2021 Windows 16,280円
Publisher 2021 Windows 16,280円
Visio Standard 2021 Windows 50,380円
Visio Professional 2021 Windows 95,480円
Project Standard 2021 Windows 105,380円
Project Professional 2021 Windows 175,780円
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。