「有機ELディスプレイ搭載のiPad Airは2023年発売」 と最新レポート。著名アナリストとは異なる見解

Appleは今春にミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proを発売したが、来年以降には有機ELディスプレイを搭載したiPadも登場することが噂されている。

この有機ELディスプレイを搭載したiPadは 「iPad Airの次期モデル」 で、同モデルは2022年に発売するとの情報がある中、ディスプレイのサプライチェーン調査会社 (DSCC) は、最新レポートの中で有機ELディスプレイを搭載したiPadは2023年に登場するとの見方を示している。

有機ELディスプレイ搭載のiPadは2023年に登場か

この情報は、DSCCのアナリストであるDavid Naranjo氏が言及したものになる。具体的にどのモデルに搭載されるのかについては言及はないものの、これまでの情報を加味すると、おそらく搭載先はiPad Airの後継モデルということになるだろう。

David Naranjo氏は有機ELディスプレイを搭載したiPadの登場は2023年としている。ただし、これまでの多くの情報では来年(2022年)に登場と伝えられていて、情報が食い違っていることに注意が必要だ。

有機ELディスプレイを搭載したiPadについては、多くの情報筋から様々な噂がもたらされているが、その中でも著名アナリストMing-Chi Kuo氏や韓国メディアET Newsなどは2022年の登場を予想している。

もしDavid Naranjo氏の言う通り2023年の登場となるのなら、有機ELディスプレイを搭載するのは次期iPad Airではなく、2世代先となる可能性も出てくる。

なお、有機ELディスプレイを搭載したApple製品はiPhone、Apple Watch、そしてMacBook ProのTouch Barだけに限定されており、そのほかの製品には液晶(ミニLEDディスプレイ含む)が搭載されている。

つまり、有機ELディスプレイが搭載されたiPadはまだ存在しない。初の有機ELディスプレイ搭載モデルが登場するのは果たしていつになるのだろうか。

関連記事
2022年の新型iPad AirにはOLEDディスプレイが搭載か。ミニLEDディスプレイ搭載MacBook Airも2022年までに登場へ
iPad Pro 2021 レビュー | 新型モデルは何がスゴイ?M1チップなど性能を検証してみた

(via MacRumors)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。