有機ELディスプレイのiPhone、早ければ2017年までに登場か

iphone7concept02161

昨年11月に、Appleは3年後のiPhoneに有機ELディスプレイを搭載させる可能性が指摘されていたが、その計画が前倒しになったのかもしれない。

中国版日経テクノロジーonlineは、Appleは2017年秋に発売する「iPhone」で有機ELディスプレイを採用したモデルを登場させることも目指していると伝えている。

早ければ「iPhone 7s」から有機ELディスプレイが採用か

有機ELディスプレイは、Samsungの「Galaxy S7 / S7 edge」やGoogleの「Nexus 6P」など大手スマートフォンには採用されつつある傾向で、Appleの「iPhone」も今後数年で同技術を採用すると言われている。

昨年12月にAppleは有機EL技術に優位性のあるSamsungとLGとで話し合いの場を設け、有機ELディスプレイの生産スケジュールについて協議したと報道があったように、Appleが今後有機EL技術を採用する可能性が高まっている。

iphone6s

今までの報道では2~5年後の「iPhone 8」から「iPhone 9」の頃に採用されると言われていたが、中国版日経onlineによると、Appleは早ければ2017年秋に発売する「iPhone 7s」で有機ELディスプレイを採用する可能性があるとのことだ。

有機ELディスプレイが採用する最大のメリットは消費電力が少なくて済むということだ。iPhoneは非常に高性能である反面、バッテリー寿命が短く、日中iPhoneをいじっていると夜にはバッテリーがなくなっていることがよくある。有機ELディスプレイが採用された場合、バッテリーライフが少しでも改善される可能性がある。

あとは画面のカラーがハッキリと映し出されるというメリットがあり、特に黒や赤などのハッキリとしたカラーが鮮明に見えるようになるかもしれない。

だが現状、この情報が正しいかどうかは定かではない。おそらく有機ELディスプレイの採用が決まった場合、有機ELディスプレイに関してもっと情報が増えてくると思われる。なのでいまのところは、今後数年のうちに採用されるという既定路線で考えておいたほうが賢明であると言えそうだ。

[ via 9to5Mac ]

iphone7concept02161
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう