2021年に新型iPad Proは2回登場?上半期にミニLEDディスプレイ、下半期にはOLED搭載モデル登場との情報

Appleは2021年前半に、ミニLEDディスプレイを搭載した次期iPad Proを投入する計画と報じられているが、その半年くらいあとに今度は有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したiPad Proが登場する可能性があることがわかった。韓国メディアThe Elecが報じた。

OLED搭載iPad Proが2021年後半に登場か

The Elecによれば、Appleは2021年に2つの新型iPad Proを発表するとのこと。2021年前半にミニLEDディスプレイを搭載したモデル、そして2021年後半に有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したモデルが登場するとのこと。

2021年後半発売のiPad Proに搭載されるOLEDは、SamsungとLG Displayが供給する計画。現在、SamsungとLG DisplayはiPhone向けにOLEDディスプレイを供給しているが、それをiPad Pro向けに改良したものを開発しているようだ。スマートフォンよりも点灯時間が長い点を考慮し、焼き付きの発生を抑えたものになっているという。

次期iPad Proについては、複数の情報筋がその登場時期を予想している。その中で最も有力とされるのは2021年前半。著名アナリストMing-Chi Kuo氏がミニLEDディスプレイを搭載したモデルを2021年前半までに投入することをAppleが計画していると伝えていた。

これらの情報が正しければAppleは2021年に2つの新型iPad Proを発売することになる。ただし、The Elecは2021年後半の有機ELディスプレイ搭載モデルの登場時期については2021年前半のミニLEDディスプレイ搭載モデルの採用規模によるとし、状況によっては登場が遅れる可能性があることも伝えている。

関連記事
ミニLEDディスプレイ搭載のiPad Pro、2021年第1四半期に発表予定か
ミニLEDディスプレイを搭載した最初のApple製品はiPad Proか。著名アナリストKuo氏がレポート

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。