IOC、初のバーチャルスポーツ採用大会 「オリンピック・バーチャルシリーズ」 5月13日〜6月23日で開催

4月22日、国際オリンピック委員会(IOC)は、実体験のスポーツと擬似体験のバーチャルスポーツを同時に楽しめる 「Olympic Virtual Series (OVS)」 の開催を正式発表した。

第1回大会となる今回のOVSは、2021年5月13日から6月23日まで開催される。

「オリンピック・バーチャルシリーズ」 5月13日から開催

「Olympic Virtual Series (OVS)」 は、eスポーツタイトルが公式競技種目として扱われる初のオリンピックライセンス大会。

”フィジカルに行うスポーツの世界と、バーチャルおよびシミュレーションスポーツゲームのコミュニティを結びつける場を作り、オリンピックムーブメントに参加する機会を提供するもの” とされており、大会内で行われる各イベントは、オンラインで大勢の人たちがともに楽しめる参加型イベントになるとのこと。

大会では5種目が開催される予定(以下)で、日本のゲーマーにも馴染みの深い『eBaseball パワフルプロ野球2020 (コナミ)』『グランツーリスモ (ポリフォニー・デジタル)』が選出されている。

  • 世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) – eBaseball パワフルプロ野球2020、コナミ
  • 国際自転車競技連合 (UCI) – Zwift、Zwift Inc.
  • 国際ボート連盟 – オープンフォーマット
  • ワールドセーリング – Virtual Regatta、Virtual Regatta SAS
  • 国際自動車連盟 (FIA) – グランツーリスモ、ポリフォニー・デジタル

IOCのトーマス・バッハ会長は、同大会の発表とともに 「オリンピック・バーチャルシリーズは、バーチャルスポーツの分野で新たな視聴者と直接的な関わりを深めることを目的とした、まったく新しいオリンピックのデジタル体験です」 と語っている。また、「その構想は、オリンピック・アジェンダ2020+5とIOCのデジタル戦略に沿ったものです。スポーツへの参加を促し、特に若者に焦点を当ててオリンピックの価値を促進するものです」 ともコメントしている。

IOCは、バーチャルスポーツと従来のスポーツの架け橋となることで、ファンやバーチャルスポーツコミュニティ、選手、協賛者たちを巻き込んだ活動の拡大を目指すという。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。