OneDrive、サービス変更内容の一部を見直しへ 15GBは引き続き使用可能

One Drive 2

先月初め、Microsoftからクラウドストレージサービス「OneDrive」について、Office 365 Solo、Office Premium製品の利用者への無制限ストレージの提供の終了や、無料ユーザーのストレージ容量を15GBから5GBに縮小するといった、サービスの「改悪」が発表された。

しかし、この発表後にユーザーからの不満の声が相次いだとのことで、Microsoftは発表内容の一部を変更することを明らかにした

Office 365 Solo、Office Premium製品の利用者で不満がある場合は全額返金に

Office 365 Solo、Office Premium製品の利用者に関しては、無制限ストレージの提供は終了するものの、12ヶ月は現在の容量をそのまま利用可能との発表はすでにあったが、今回の変更にそもそも不満がある場合は、全額返金にも応じるとのことだ。

無料ユーザーは申し込みを行うことで15GBを引き続き利用可能

無料ユーザーは、申し込みを行うことで15GB分の容量を引き続き利用することが可能となった。

容量をがっつり使っている人はもちろんだが、そこまで使っていないという人も、申し込みさえしておけば実質15GBが使えるようになるので、とりあえず申し込みだけはしておくのが無難かもしれない。

また、15GBのカメラロールストレージの特典は終了とのことだったが、こちらも引き続き利用できるように変更となったようだ。

申し込みはこちらからどうぞ!

ちなみに、申し込みは2016年1月末までの受付となっているようなので、時間があるときに必ず申し込んでおこう!

One Drive 2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう