OPPO、「Find X」 を国内11月上旬に発売 ノッチがない全面ディスプレイを備えた新型スマホ

10月19日、中国OPPOは同社の新型スマートフォン「Find X」を日本国内で発売することを発表した。発売は11月上旬予定で、本日19日16時から予約受付が開始される。価格は111,880円(税別)。

完全なる全面ディスプレイを備えた「Find X」が日本でも発売

「Find X」は、画面上部に「ノッチ(切り欠き)」がない、完全なる全面ディスプレイを備えた新型スマートフォン。

昨今発売されている多くのスマートフォンは、前面カメラや顔認証用のセンサーが前面に搭載されているため、その部分を避けて画面をギリギリまで表示しているが、「Find X」は違う。なんと端末上部にスライド構造が搭載されており、ここに前面カメラや顔認証センサー、さらには背面カメラまでもが搭載され、必要な時だけ飛び出すような仕組みになっているのだ。これにより、画面占有率93.8%の美しい全面ディスプレイが実現されている。

画面は6.4インチの有機ELディスプレイが採用されており、プロセッサには「Snapdragon 845」が搭載。RAMは8GBで、ストレージ容量は256GBと、一般的なハイエンドスマートフォンと同じくらいのスペックを持ち合わせている。

普段、スライド部分に隠されているカメラは、背面カメラが2,000万画素と1,600万画素のデュアルレンズ仕様、前面カメラが2,500万画素のシングルレンズ仕様。また、前面カメラ付近には3D顔認証のためのセンサーが搭載されており、顔認証によるロック解除が可能だ。

バッテリー容量は3,400mAhだが、これは1,700mAhのバッテリーをふたつ繋いだ構造。この繋がれたバッテリーは、直列で電圧を分散しながら充電できる「SUPER VOOC」技術によって、わずか35分という驚異的なスピードでフル充電が可能だ。

本体カラーはワインレッド、サイレントブルーの2色から選択可能で、価格は冒頭でもお伝えした通り111,880円(税別)。ビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ノジマなどの大手家電量販店や、Amazonなどのオンラインストアで購入できるようになる予定だ。

また、IIJmio楽天モバイルでも取り扱いがあるとのこと。予約は本日16時からスタート予定。予約する場合は以下からどうぞ。

「OPPO Find X」を各ストアで予約

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。