「OPPO Reno7 A」 auやワイモバイル、楽天モバイルなどから発売。FeliCa/メモリ拡張搭載

6月16日、オウガ・ジャパンが新型スマートフォン 「OPPO Reno7 A」 を発表した。auやワイモバイル、楽天モバイル、UQ mobileなどのMNOに加えて、IIJmioやBIGLOBEモバイルといったMVNOのほか、各家電量販店やECサイトにて幅広く販売される。

メーカー希望小売価格は44,800円(税込)。発売は6月23日(木)より順次、予約受付は本日より順次開始される。

「OPPO Reno7 A」 6月23日に発売

「OPPO Reno7 A」 はその価格からも分かるとおり、ミッドレンジ帯のスマートフォンとなっている。人気の 「OPPO Reno5 A」 の後継モデルとして登場し、日本市場で需要の高いおサイフケータイ機能や、高い防水/防塵性能(IP68)に対応する。

また、前モデル 「OPPO Reno5 A」 から本体厚みが約0.6mm薄く、重量も約7g軽くなるなどのスリム化が図られているのも地味ながら良い改善ポイントとなる。

ディスプレイは6.4型フルHD+ (1080×2400ピクセル) の有機EL。画面左上にパンチホール式でインカメラを搭載する。画面占有率は89.4%、リフレッシュレートは90Hz。

画面には指紋センサーが搭載されており、指を載せることで画面のロック解除などが可能。なお、生体認証は画面内蔵型指紋認証センサーのほか、顔認証も利用できる。

ボディ背面は、日本市場で初投入となる独自の背面加工技術 「OPPO Glow」 を採用。星空のような輝きを放つと共に高級感を実現するとともに、光の入射角度により変わってくるグラデーションも加わり、飽きのこない背面デザインになっている。質感もサラサラとしており指紋がつきにくいのもポイントだ。

内蔵プロセッサはSnapdragon 695 5G。RAM(メインメモリ)は6GBで、ストレージは128GB。さらに外部ストレージは最大1TBのmicroSDXCに対応する。SIMはnanoSIMおよびeSIMに対応する。搭載OSは、Android 11ベースのColorOS 12。

背面カメラは約4800万画素の広角、約800万画素の超広角、約200万画素のマクロのトリプルレンズ仕様。インカメラは1600万画素のシングル仕様。お気に入りの作品の色調に合わせて撮影できるAIパレットのほか、夜景やイルミネーションなど、背景の街明かりを「玉ボケ」させ、被写体の表情を最適な明るさで際立たせるネオンポートレート、ワンタップで、アウトカメラとインカメラを同時に撮影モードにし、録画するアウト/イン同時動画撮影などが利用できる。

「OPPO Reno7 A」 は、”生活の一部であるスマホを、より長く使い続けられるように” という思いを込めて設計されており、36ヶ月使用しても持続するサクサクな操作感を実現している。

具体的には、メモリ圧縮方式の変更によって、効率よくシステム稼働領域を維持し、長期間利用に伴うシステムの劣化を防ぐ。システム劣化具合を5%以下に抑えることで、36ヶ月間使っても日常的に使うブラウザやカメラ等のアプリがサクサク操作できるという。

また、ストレージ用メモリ (ROM) をRAMとして拡張できるRAM拡張機能も搭載される。2/3/5GBの3段階で拡張することが可能で、複数のアプリを起動したり、マルチタスクを行う際に有用だろう。

バッテリー容量は4,500mAh。連続通話時間は約1,950分、連続待ち受け時間は約440時間。18WのPD 2.0急速充電に対応しており、30分で40%までバッテリーを充電することが可能だ。

(画像提供:ソフトバンク)

「OPPO Reno7 A」 のカラーラインナップは、ドリームブルーとスターリーブラックの2色展開。メーカー希望小売価格は44,800円(税込)。発売は6月23日(木)より順次、予約受付は本日より順次開始される。

取扱店舗は以下(抜粋)。

▼ MNO ▼

▼ MVNO ▼

  • IIJmio
  • mineo
  • イオンモバイル
  • QTmobile
  • goo Simseller
  • NUROモバイル
  • NifMo
  • BIGLOBEモバイル
  • FiiMO
  • LinksMate

▼ ECサイト ▼

▼ 量販店 ▼

  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • コジマ
  • 上新電機
  • ソフマップ
  • ノジマ
  • ビックカメラ
  • ヤマダデンキ
  • ヨドバシカメラ

(画像:オウガ・ジャパン)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。