【注意!】2016年2月14日以前に作成したOS Xのインストールディスクが使用不能に!

「OS X」のインストールディスクを2016年2月14日以前に作成した人は、今すぐインストールディスクを作り直そう!

TidBITSによると、Appleが現地時間2016年2月14日に行ったMac App Storeの署名アルゴリズムのアップデートの影響で、2016年2月14日以前に作成した「OS X」のインストールディスクが使用不能になっていることが明らかになった。

Appleの中間証明証の有効期限が切れた影響でインストールディスクが使用不能に

「OS X」を再インストールするために必要な「インストールディスク」。何かあった時には、ただインストールディスクが入ったメディアをMacに差し込むだけで簡単に再インストールができてしまうので、Macユーザーの皆さんは必ず作成していることだろう。

しかし、今回Appleが行ったMac App Storeの署名アルゴリズムのアップデートが原因で、2016年2月14日以前に作成した「OS X」のインストールディスクが使用不能になってしまっているようだ。

Appleちゃんねるによると、昨年作成した「OS X 10.11 El Capitanインストーラー」で、「OS X」の再インストールを実行してみたところ、「この OS X El Capitan インストール.app アプリケーションを検証できません。ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性があります」という警告文が出て、Mac App Storeから再度ダウンロードするように促されたとのこと。

ちなみに、「OS X 10.7 Lion」までのAppleがMacに同梱しているインストールディスクは問題なく利用できるようだ。それ以外のOSに関しては再度Mac App Storeで再度ダウンロードしてくる必要があるので、「OS X 10.11 El Capitan」だけではなく、YosemiteやMavericksなどのインストールディスクを持っている人は再度インストールディスクを作成し直しておこう。

インストールディスクの作成については、Appleの公式ホームページに詳しいやり方が載っているので、そちらを参考にしてほしい。

[ via TidBITS / Appleちゃんねる ]

Mac OS El Capitan 10.11.1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう