やはり「OS X」は「MacOS」に変更予定か Apple公式ページ内に記述が発見される

OS-X-Mavericks-Logo

MacのOSが「OS X」になってから、早15年。ようやく「OS X」は新たなステージに移行するかもしれない。

Appleが公開した「Environment」というページに、MacのOSの名前として「OS X」ではなく「MacOS」という単語が使用されている箇所が発見され、話題になっているのでお伝えする!

Appleの公式ページの中に「MacOS」という文字が!

「MacOS」という単語が発見されたのは、AppleのHPにある「Environment」というページ内にある記述から。

この「Environment」というページは、地球環境に関するAppleの取り組みについてまとめたもので、本日「アースデイ」に伴って内容が更新されている。

macos-environment

このページの中に、MacのOSである「OS X」ではなく、あえて「MacOS」と記載されている箇所が発見されたことで、今後Mac用のOS名は「MacOS」に変更されるのでは?と噂されているようだ。

先日も「OS X 10.11.4」の内部コードの中に「MacOS」という単語が発見され話題になっていたが、「OS X」は「iOS」や「tvOS」「watchOS」などの端末名を表す単語を表記する規則性とズレていることから、名称規則を統一する可能性はかなり高い。

15年近く「OS X」という単語が使われていたので、「MacOS」と言われると違和感を感じてしまうのだが、「OS X」を利用していないユーザーにとっては正直伝わりづらい名称だったことを考えると、いささか仕方のないもののようにも感じる。

ちなみに他の「OS」については、「i」や「watch」など頭文字は小文字が使用されているが、「MacOS」は大文字。これは9to5Macによると、あくまで「Mac」はAppleを代表する製品の固有名詞であることから敢えて大文字にしているのではないかとのことだ。

もしこれらの変更がなされるとしたら、当然それは次期「OS X (MacOS)」が発表される時、例年通りだと6月に開催される「WWDC2016」ということになるだろう。「iOS 10」と同時に初代「MacOS」が発表されるのかもしれないと考えると、今から発表が楽しみだ。

【2016/04/15 12:13 追記】
現在この記述は修正されてしまったようで、「MacOS」と書かれていた部分が「OS X」に書き換えられているのがApple公式ホームページで確認できた。修正されたことを考えると、やはり「OS X」が「MacOS」となる可能性が高い気がするのは僕だけだろうか。

[ via 9to5Mac ]

OS-X-Mavericks-Logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう