OWC、ストレージエンクロージャーとSSDを自由にカスタマイズできるBTOサービスを8月7日から提供開始

8月6日、OWC製品の正規販売代理店を運営するイーフロンティアは、「OWC」 および 「AKiTiO」 「NewerTech」 ブランドの製品情報を発信するサイト OWCdigital.jp」 にて、ストレージエンクロージャー(SSDケース)に搭載するSSDをユーザーのニーズにあわせて自由に選択して注文できるBTOサービスを開始することを発表した。

同サービスは明日8月7日から提供が開始される予定。こちらのページから利用することが可能になる。現在も動作はしているが、購入できるようになるのは明日からとのことだ。

ユーザーはこのBTOサービスを利用することで、エンクロージャーケースとSSDの数、容量、速度の異なる組み合わせを自由に選択し購入できる。注文したものは、イーフロンティアのエンジニアリング部門が国内にてセッティングを行い出荷するため、工具などを使ったセッティング不要で利用開始することが可能だ。

OWCのBTOサービスは以下のリンクからアクセスできる。

OWCは、アメリカ イリノイ州を拠点に全世界に30年以上にわたってユーザーの環境をより良くする革新的なPCパーツおよび周辺機器と、良質な顧客サービスを提供している。日本では2018年から株式会社イーフロンティアが日本国内正規代理店として販売。OWCの他に、AKiTiOとNewerTechのブランドでも製品を展開している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。