Thunderbolt 3認証取得バスパワー駆動SSDケース 「OWC Envoy Express」、発売前に入手できるプロジェクトがGREEN FUNDINGで開始

 

株式会社イーフロンティアは7月24日、今年9月に発売予定のバスパワー駆動ポータブルSSDケース 「OWC Envoy Express」 を国内発売前に入手できるプロジェクトをクラウドファンディングサイト 「GREEN FUNDING」 にて実施することを発表した。

プロジェクトは本日(7月24日)正午から開始される予定。プロジェクトリターンには先着10個限定で国内発売前に定価の20%オフで購入できる+OWCオリジナルステッカーのプレゼントなどが用意されている。

「OWC Envoy Express」 を国内発売前に入手できるプロジェクトがGREEN FUNDINGでスタート

「OWC Envoy Express」 は、Thunderbolt 3認証を取得したバスパワー駆動ポータブルSSDケース。同様の製品でThunderbolt 3認証を取得したのは本製品がはじめて。M.2 NVMe SSDを組み込むことが可能で、転送速度は実測値で1553MB/s、ケース重量はわずか94グラム。Thundebolt 3ケーブルはもちろん、MacBook Proなどの背面に簡単に装着可能なマウントシステムが付属する。

内蔵できるSSDは最大16TBまで。OWCは最大4TBのAura SSDを販売しているが、将来的に登場する同社の8/16TB SSDのサポートが確約されている。

「OWC Envoy Express」 は17,215円(税込)で購入可能。ちなみに本製品はSSDケースでありSSD自体は含まれていないため、持っていない場合は別途購入する必要がある。

クラウドファンディングサイト 「GREEN FUNDING」 の先行発売を利用したい方はこちらのリンクを活用していただきたい。プロジェクトは2020年7月24日12:00から2020年8月23日23:59まで実施される。

参考までに本製品の日本国内正規品はOWC公式ストアなどで2020年9月4日(金)から販売開始を予定しているとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。