OWC、Mac mini向けメモリアップグレードキット(16GB×2)を発売

OWCは、Mac mini (2018) 向けにメモリアップグレードキットを発売した。価格は49,680円(税込)、日本のAmazonでも購入することが可能だ。

今回発売されたメモリアップグレードキットは、今年11月に発売した 「Mac mini 2018」 に対応した製品。16GB×2枚のDDR4-2666メモリ構成になっていて、Apple公式サイトのCTOオプション(税込71,280円)を利用するよりも安価にメモリ容量を増やすことが可能だ。

「Mac mini 2018」 のメモリ交換はユーザー自身で行うことができる。ただし、分解はやや複雑なため、Appleはユーザーの手によるメモリ換装は非推奨としている。もし自信がない場合はAppleのCTOオプションを利用した方が無難だろう。

ちなみに、OWCはユーザーが 「Mac mini 2018」 を分解できるようにするためのツールキットを2,700円(+送料600円)で販売している。もし自身の手でメモリアップグレードしようと考えているなら、こちらのツールキットのチェックも忘れずに。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。