OWC、Thunderbolt 3対応PCle拡張ボックス 「Mercury Helios 3S」 などの新製品を国内発売

1月18日、OWC (Other World Computing) は新製品 「Mercury Helios 3S」 および 「Mercury Accelsior 4M2」 の販売を開始した。どちらの製品もAmazonで購入が可能だ。

Mercury Helios 3S

「Mercury Helios 3S」 はThunderbolt 3に対応したPCl Express外付け拡張ボックス。本製品を利用することで、PCI Express 3.0 x16をサポートした高速ネットワーク機器やストレージなど各種ボードをThunderbolt 3経由でPC・Macに接続できる。OSはWindows 10/macOS 10.13以降をサポート。

ボードサイズはハーフレングス/フルハイト(173mm x 107mm)、2スロット占有タイプのいずれもサポートするが、GPUには非対応となっている。

さらに本製品は最大8K (7680 x 4320) の出力に対応したDisplay Port 1.4を搭載しており、PC・Macの映像を外部モニターに出力することも可能だ。Thunderbolt 3ポートは、PC・Mac接続時にデイジーチェーンで他のThunderbolt 3対応機器を接続できる上に、もう1つのThunderbolt 3ポートはUSB Type Cポートとしても機能するため、PC・Mac接続時に各種USB機器を接続することが可能だ。

ちなみに本製品に搭載されている2基のThunderbolt 3ポートは85W/15Wの電力供給 (USB-PD) に対応しているため、MacBook Proなど高出力が必要なデバイスも充電可能だ。

「Mercury Helios 3S」 は本日から正式に販売が開始されている。Amazonでの価格は33,000円(税込)だが、発売を記念して1月26日23時59分までクーポンコードによる割引が適用される。

Mercury Accelsior 4M2

「Mercury Accelsior 4M2」 は、昨年販売が開始された 「Mac Pro (2019)」 をサポートしたPCI-Express3.0 (ハーフレングス/フルハイトのx8/x16 PCIe 3.0または2.0) 接続のNVMe SSD。合計で4つのNVMe 1.3 M.2スロットを搭載しており、RAID 0構成で最大6,000MB/sの転送速度が利用できる。

ストレージのラインナップは1TB、2TB、4TB、8TBの合計4種類。価格はそれぞれ83,000円、108,350円、159,500円、315,700円(いずれも税込)。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。