OWC Thunderbolt Dock、マイナーアップデートモデル販売開始。96W出力に対応

10月7日、OWCは 「OWC Thunderbolt Dock」 のマイナーアップデートモデルの販売を開始した。新たに発売したモデルは最大96W出力に対応しており、従来の90W出力からわずかにパワーアップしている。

「OWC Thunderbolt Dock」 マイナーアップデートで96Wに対応

「OWC Thunderbolt Dock」 は、今年1月に発売したThunderbolt 4に対応した拡張ドック。搭載するポートはThunderbolt 4 x4、USB Type-A x4、3.5mmオーディオジャック x1、最大312MB/sの転送に対応したSDカードリーダー、ギガビット・イーサネットの合計11個。

4つ搭載されているThunderbolt 4ポートのうち、1つは最大96Wの出力に対応。これまでは90W出力に対応していたため、わずかながら出力が向上している。

対応デバイスはThunderbolt 3ポートを搭載したMacやThunderbolt 4ポートを搭載したWindows PC。M1チップを搭載したMacBook ProやMacBook Air、Mac miniでも利用できる。画面出力は2台の4Kディスプレイ(60Hz)もしくは1台の5K/6K/8Kディスプレイ(30Hz)をサポート。ただし、M1チップ搭載モデルは、基本的に1台まで(Mac miniはHDMI利用で最大2台まで)となっているため、そちらは注意が必要だ。

本製品には、Thunderbolt4 ケーブル(0.8m)×1とACアダプタが付属する。別途購入する必要はない。

「OWC Thunderbolt Dock」 の価格は、41,800円(税込)、以下のリンクから購入することが可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。