OWC、新ドッキングステーション 「Thunderbolt Go Dock」 発表。電源アダプタ不要で持ち運びが容易、価格は399ドル

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月5日、OWC (Other World Computing) は米ラスベガスで開催されている 「CES 2023」 にあわせて、新型ドッキングステーション 「Thunderbolt Go Dock」 を発表した。

「Thunderbolt Go Dock」 は、合計11ポートを搭載するドッキングソリューション。インターフェイスはホストデバイスとの接続用のThunderbolt(USB 3.1 Type-C) x1に加えて、Thunderbolt 4 x2、USB 3.2 Type-A x2、USB 2.0 Type-A x1、USB 3.2 Type-C x1、SDカードスロット (UHS-II)、HDMI 2.1、ヘッドフォン/マイクコンボジャック、2.5ギガビットイーサネット。

本製品の特徴のひとつとして電源内蔵型である点が挙げられる。電源アダプタが不要であるため、持ち運びに優れる。ノートPCやタブレット等へのパススルー電力供給は最大90Wとなっているため、MacBook Proとの相性も良さそうだ。

「Thunderbolt Go Dock」 の米国における発売時期は2023年4月を予定。価格は399ドル。日本での発売時期は未定となっている。

関連記事
OWC Thunderbolt Dock レビュー。Thunderbolt 4ポートを4つ搭載した高機能マルチドッキングステーション
OWC Thunderbolt 3 mini Dock レビュー | HDMIx2出力が可能なThunderbolt 3ドッキングソリューション

(画像提供:OWC)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

OWCおよびOWCロゴは、米国およびその他の国で登録されたNew Concepts DevelopmentCorporationの商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。