リアル世界でパックマン。スマホゲーム『PAC-MAN GEO』11月30日リリース決定

9月10日、バンダイナムコエンターテインメントはスマートフォン向けゲーム『PAC-MAN GEO』を11月30日にリリースすることを発表した。

地理情報ゲーム『PAC-MAN GEO』11月30日にリリース

『PAC-MAN GEO』は、今年生誕40周年を迎えた『パックマン』をテーマにした地理情報ゲーム。ニューヨークや東京、パリといった世界中に実在する都市の地図を使ってパックマンを遊べるという作品だ。世界各地の観光名所に配置されたランドマークを集めることができるという。

ステージはGoogle Maps Platformの道路情報を使って生成されており、世界地図からステージにしたい範囲を選択すると、リアルタイムでゲームステージが形成。パックマンやドットのクッキー、ゴーストが出現する。

本作の開発にはバンダイナムコ研究所 (当時は株式会社バンダイナムコスタジオ) が協力している。同社はGoogle Maps Platformを活用した 「新しいアソビ」 を提案すべく、2018年より技術検証とプロトタイプのディレクションを行い、2019年からは技術検証結果をもとに、製品化に向けての企画開発に協力したとのこと。

バンダイナムコ研究所は『PAC-MAN GEO』について、「『パックマン』のシンプルなルールと操作性はそのままに、世界中を旅するように、思いのままにステージを選択できる喜びや、面白い地形のマップを見つけたときの嬉しさ、そして、その発見をシェアできる楽しさなど、これまでにない「パックマン」を体感いただけます。」 とコメントしている。

『PAC-MAN GEO』は世界170カ国の国・地域で配信される予定。リリースは2020年11月30日を予定しており、本日から事前登録受付が開始されている。

▼ 『PAC-MAN GEO』の事前登録
App Store
Google Play

PAC-MAN GEO™ &©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
PAC-MAN™&©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。