「アルストツカに栄光あれ!」入国審査ゲーム「Papers, Please」の実写版ショートムービーが公開

入国審査ゲーム「Papers, Please」の実写ショートムービーが、YouTubeで公開された。日本語字幕版も公開されているため、日本の方も視聴することが可能だ。

今回公開された映像「Papers, Please – The Short Film」は、2013年にリリースされたPC向けタイトル「Papers, Please」を原作に制作されたもの。気鋭の監督Nikita Ordynskiy氏を起用し、11分の映像で「Papers,  Please」のとある1日を描いた。

アルストツカに栄光あれ!

原作の「Papers, Please」では、ユーザーは共産主義国家アルストツカの入国審査官として、出入国の管理を行う。入国希望者から渡される書類に不備がないかなどを確認し、最終的に入国を許可するか、拒否することができる。その人を入国させるかどうかで、ストーリーが分岐することもある。

今回の映像作品は11分と短いながらも、ストーリーの分岐をいくつか再現しており、「Papers, Please」の世界を見事に表現している。重苦しい雰囲気もまさに原作通り。

4K解像度にも対応しているため、できれば最大解像度でご覧いただきたい。

ちなみに、「Papers, Please」は現在、Steamで50%オフセールとなっている。またセールにはなっていないものの、iOS版(iPad向け)もApp Storeで配信されているため、同ゲームをプレイしたことのない方は購入してみてはどうだろうか。

原作の「Papers, Please」のプレイ動画はPLAYISMが動画を上げてくれているので、原作がどのような作品なのか気になる方は以下の動画からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。