M1 Macに正式対応した 「Parallels Desktop 16.5」 リリース

現地時間4月15日、ParallelsはM1 Macに正式に対応した 「Parallels Desktop 16.5 for Mac」 をリリースしたことを発表した。

M1 Macに正式対応した 「Parallels Desktop 16.5 for Mac」 リリース

「Parallels Desktop for Mac」 は、Mac上でWindowsを動作させる仮想マシン環境ソフト。昨年の時点でM1 Macに対応したテクニカルプレビュー版の提供が開始されていたが、今回からその正式版の提供が始まった形だ。

同ソフトを使うことで、M1チップを搭載したMacBook Air・MacBook Pro・Mac mini上でARMベースの Windows 10やLinuxなどを動作させられる。WindowsはInsider Previewの 「WIndows 10 on ARM」、Linux系は 「Ubuntu 20.04」 「Kali Linux 2021.1」 「Debian 10.7」 「Fedora Workstation 33-1.2」 を利用可能だ。

ParallelsによるとM1チップの恩恵により、より高速かつ効率的にソフトを動作させることができるという。具体的には、2020年に発売したIntelベースのMacBook Airに比べて電力消費が最大250%削減されるほか、Radeon Pro 555XGPUを搭載したIntelベースのMacBookProよりもDirectX 11のパフォーマンスが最大60%向上。また、ARM Insider Preview上でWindows 10の仮想マシンを実行した場合、Intelベースで実行されているWindows 10よりもパフォーマンスが最大30%向上するとのこと。

同バージョンは有料ライセンスを持っているユーザーなら追加費用なしで利用できる。14日間の無料体験版も用意されているため、使ってみたいと感じた方はぜひ公式サイトからダウンロードを。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。