PASMO、Apple Payへの対応が10月6日に決定

10月1日、PASMO協議会は10月6日からApple Payの 「PASMO」 が使えるようになることを発表した。

これにより、iPhoneやApple WatchにPASMOを登録すれば、交通系ICカードのPASMOと同様、電車やバスなどの交通利用や電子マネーでのお買い物ができるようになる。

PASMOは今年3月にAndroid向けに 「モバイルPASMO」 のサービスが始まっており、おサイフケータイアプリをインストールしたAndroidスマートフォンでPASMOのサービスが利用できるようになっていた。Apple Payに対応することで、いよいよAndroid・iOSの両方でサービスが利用できるようになる。

ちなみに、サービスの内容や詳細は現時点では発表されておらず、サービス開始となる10月6日に具体的な発表が行われる予定だ。

関連記事
PASMO、2020年内にApple Payに対応へ
モバイルPASMO、3月18日にサービス開始。定期券も利用可能

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。