PayPay、現金として出金できる新残高「PayPayマネー」が利用可能に

10月1日、PayPayは資金移動業登録を完了したことを発表。同時に、以前告知していた出金可能な新残高 「PayPayマネー」 の提供を開始している。

「PayPayマネー」 の提供が10月1日から開始

「PayPayマネー」 は、銀行口座からチャージした残高を再び銀行口座に出金(払い出し)することができる電子マネー残高。PayPayユーザー同士で残高を送り合うこともできる。

利用するには本人確認が必要。本人確認はPayPay上で可能だ。ちなみにこれまでYahoo!が提供してきた電子マネー事業「Yahoo!マネー」をPayPayに移管している。これによって、これまで多くのステップを必要としていた銀行口座登録のフローが簡略化されている。

今回新たに使えるようになった 「PayPayマネー」 を含めた現在のPayPay残高の種類は以下のとおり。

名称 払い出し(出金) 譲渡・送金 有効期限
PayPayマネー 無期限
PayPayマネーライト × 無期限
PayPayマネー × × 無期限
PayPayマネー × × 付与日から60日間

さらに、PayPayアプリを使って公共料金などの支払いができる「PayPay 請求書払い」の利用可能サービスに、これまで「Yahoo!マネー」 が対応していた約300の地方公共団体や事業者の請求書が加わっている。

関連記事
PayPay、PayPayライトとPayPayボーナスの有効期限を撤廃へ 出金可能な新しい残高PayPayマネー追加も
ソフトバンク、「スマホデビューPayPayキャンペーン」 を10月1日から開始へ 最大1万円相当のPayPayボーナスをプレゼント

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。