米決済PayPalがPaidyを買収。買収総額は3,000億円

9月7日、PayPalホールディングスはあと払い決済サービス 「ペイディ」 を買収すると発表した。

PayPalはペイディの全株式を現金で取得する。買収は今年12月までに完了させる予定。買収総額は約27億米ドル、日本円で約3,000億円。

PayPalがペイディを買収

ペイディは “BNPL (バイ・ナウ・ペイ・レーター”) と呼ばれる、あと払いサービスを手がける。BNPLは欧米などで利用者が増えているサービスだが、日本においても徐々に浸透しつつある。ペイディは2014年にサービスを開始後、ユーザー数を順調に伸ばし、今年7月段階で600万ユーザーを突破。日本発のユニコーンとして注目されていた。

ペイディは近年パートナー戦略の強化を行なっており、今年7月にはVisaオンライン加盟店にてペイディが利用できるようになったほか、Appleでは専用のあと払いプランの提供も開始。また、今回買収されることになったPayPalとは4月に提携を行なっており、世界中のPayPal決済の加盟店にて 「どこでもペイディ」 が利用可能になっている。

PayPalはBNPLに注力しており、昨年Pay in 4を立ち上げた。また、世界3位のeコマース市場をもちながら、依然として現金決済が多い日本にも成長を見出しており、ペイディを買収することで、同社が展開する越境EC決済にあと払いサービスを加え、国内電子決済市場で存在感を示すとともに、日本における事業基盤を強化する狙いがあるとみられる。

なお、ペイディ創業者であるラッセル・カマー氏、杉江陸 社長兼最高経営責任者(CEO) をふくめた既存経営陣は、買収後もペイディの経営を行なっていくとのこと。

関連記事
Apple、ペイディの 「あと払いプランApple専用」 提供開始。Apple製品を分割手数料0%でいつでも購入可能に

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。