「Steam Link」アプリのリジェクト、AppleはValveと問題解決に動いていることが判明

今月25日、「Steam Link」アプリの承認申請がAppleによってリジェクト(拒否)されるという、世界中のゲームユーザーにとってショッキングな出来事が起こった。

Appleは、「Steam Link」アプリについて「ビジネス上の競合」の問題からアプリ承認を拒否したと伝えられており、同アプリのリリースがいつになるのか不透明となっていた。

もしかすると、iOSデバイスでSteamゲームを遊ぶことができないのでは、と心配の声も上がっていたが、悲観するのはまだ早そうだ。

Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長フィル・シラー氏が、RedditMacStoriesの読者に対して、なぜ「Steam Link」がリジェクトされたのか、またその解決のためにAppleは現在、Valveと共に動いていることを明らかにしている。

AppleはValveと問題解決に向けて協議中

フィル・シラー氏によると、「Steam Link」アプリには「複数のガイドライン違反」があったという。ユーザーが作成したコンテンツ、アプリ内購入、コンテンツコードなど問題は多岐にわたり、それらを解決する必要がある状態であるとのこと。

AppleはSteamを運営するValveとともに問題について協議し、App Storeのガイドラインに準拠する形で、SteamゲームをiOSとApple TVプラットフォームで遊べるように引き続き協力していくとしている。

この発言から推測すると、iOS版・Apple TV版からいくつかの機能を削除することで提供することができるようになるということになる。アプリ内課金やコンテンツコードの入力などができなくなるため、基本はPC・Macで購入し、iOSやApple TVでストリーミングで楽しむ、といったプレイスタイルになることが予想される。

Valveは現在、Appleとの協力のもと「Steam Link」アプリの調整を行なっているとみられる。正式なコメントが発表されていないため実情は不明だが、おそらく近いうちに改良版「Steam Link」アプリがiOS・Apple TVにもたらされるのではないだろうか。

「Steam Link」アプリは、MacやWindows PC内にあるSteamゲームを、iOSデバイスやAndroidデバイスなどで遊べるようにするストリーミングアプリ。5GHz帯でのWi-Fi環境(もしくは有線通信)が必要など、いくつかの必要条件もあるものの、回線環境が整ってさえいれば、スマートフォンでも快適にプレイすることが可能だ。

すでに、Android版に関してはベータ版も提供されており評判は上々。今月9日にiOS版のリリースも予定されていたというが、冒頭でもお伝えした通り、25日の報道ではAppleによってアプリがリジェクトされており、リリースできるかどうかが不透明とされていた。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。