フィリップスの新型電動歯ブラシ「プロテクトクリーンシリーズ」7月2日に発売 初めての電動歯ブラシに最適、高橋真麻さん絶賛

フィリップス・ジャパンは6月11日、「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ 新商品説明会」を開催し、同社の電動歯ブラシ「ソニッケアー」の新製品「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ」をプレス向けに初披露した。

初心者でも使いやすい電動歯ブラシ「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ」

今回発表された「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ」は、電動歯ブラシを初めて使用するユーザーでも使いやすいように作られているのが最大の特徴。手磨きでは把握できない磨き残しや、磨きすぎを防止することが同製品であれば可能だ。

「プロテクトクリーン」「プロテクトクリーン〈プラス〉」 「プロテクトクリーン〈プレミアム〉」の3種類の商品が用意されており、それぞれ搭載されている機能や付属ブラシに違いが設けられている。

まずシリーズで共通しているのが、加圧防止センサーが搭載されていること。ブラッシングで力が入りすぎた際にハンドルランプと振動で使用者に注意を促してくれるため、強く磨きすぎるのを防止することができる。

また、電動歯ブラシ初心者が戸惑うであろうブラシヘッドの交換時期を教えてくれる便利機能も搭載されている。

ブラシに内蔵されたRFiDチップがブラッシングの圧力や時間を記録。交換時期が来ると自動的にランプが点灯する仕組みで、交換するタイミングを教えてくれるようになっている。自分の使い方に応じた、適切なタイミングでブラシヘッドを交換することができるはずだ。ちなみに、フィリップスによると交換は約3ヶ月毎が推奨とのこと。

歯磨きをする際には「モード」と「磨く強さ」を複数種類から選ぶことができるが、これらの設定は上位モデルになればなるほど細かく設定できるようになっている。

3種類の商品のうち、下位モデルの「プロテクトクリーン」は「歯をキレイに」モードのみが選択可能で、強さは「弱」「強」の2種類のみ。歯を磨くことに重点が置かれた製品だ。

また、中間モデルの「プロテクトクリーン〈プラス〉」になると、「歯ぐきをやさしくケア」モードが追加され、強さも「弱」「中」「強」の3種類から選ぶことができる。歯茎のケアを含めた歯磨きが可能だ。

さらに最上位の「プロテクトクリーン〈プレミアム〉」には「自然な白さへ」モードが搭載され、通常の歯磨きだけでなく歯の白さ(ホワイトニング)を維持するために役立ってくれる。ブラシヘッドを認識するマイクロチップが搭載されているため、最適な強さとモードを自動で変更する「ブラシヘッド認識機能」が利用できる。

また、それぞれの商品には付属ブラシが2本同梱されており、「プロテクトクリーン」には「ホワイトプラス(レギュラー)」と「クリーンプラス」が付属。また、「プロテクトクリーン〈プラス〉」「プロテクトクリーン〈プレミアム〉には「ホワイトプラス(レギュラー)」に加えて「ガムプラス」が付属する。

3種類の商品の違いを簡単にまとめると以下の表の通りだ。

  プロテクトクリーン プロテクトクリーン
〈プラス〉
プロテクトクリーン
〈プレミアム〉
モード数 1モード 2モード 3モード
強さ設定 2段階 3段階 3段階
付属ブラシ クリーンプラス×1
ホワイトプラス(レギュラー)×1
ガムプラス×1
ホワイトプラス(レギュラー)×1
ガムプラス×1
ホワイトプラス(レギュラー)×1
ブラシヘッド認識機能 × ×
ブラシヘッド交換
お知らせ機能
加圧防止センサー

今回の新商品説明会では、フリーアナウンサーの高橋真麻さんが出席。高橋さんは新製品の電動歯ブラシを試してみたとのことだが、操作がとても簡単であること、また自宅の洗面台においても邪魔にならないコンパクトさと、オシャレ空間を保てる高いデザイン性があると絶賛。カラーバリエーションの豊富さも魅力的と話していた。

フィリップス曰く、今回の新製品は電動歯ブラシを使ったことのない方をターゲットにしたものであるという。

説明会の中で世界各国の電動歯ブラシの普及率を紹介しており、「電動歯ブラシの先進国」であるドイツやイギリスはそれぞれ33%、25%なのに対して、日本やアメリカは20%を下回ることを説明。「電動歯ブラシで歯を磨くと良い結果を得られることを伝えていく必要がある」と、同製品で電動歯ブラシを日本に普及させることが目標と明らかにしていた。

「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ」は、「プロテクトクリーン」が11,660円、「プロテクトクリーン〈プラス〉」が15,980円、「プロテクトクリーン〈プレミアム〉」が21,380円で販売予定。各製品の発売は7月2日となっており、同日から各家電量販店や通信販売等で順次販売が開始される予定とのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。