「iPhone SE」の落下衝撃テストを実施 「iPhone 5s」と同じなので結果は当然…

昨日発売されたばかりの「iPhone SE」、もうすでに使っている人も多いと思うが、ちゃんとケースなり保護フィルムを貼るなりして衝撃などの不測の事態への備えは完璧だろうか。

人によってはケースを付けない人や、保護フィルムを貼らない人もいると思うが、「iPhone SE」の保護をするかどうかに関しては検証動画を参考にしてもらいたい。

筐体は「iPhone 5s」と同じなので、衝撃には強くはない

iphonese-test2

今回、複数のユーザーがYouTube上に「iPhone SE」の衝撃テストを公開している。

今回紹介する検証動画は、検証方法が多少荒いものにはなるが、落下テストなどは実際の使用と近い検証になるので、少しでも参考になるかもしれない。

まず、EverythingAppleProが公開している動画では、「iPhone SE」を自由落下させてどれほどまでの衝撃に耐えられるかの検証がされている。

動画ではケースを付けて落下させた場合と、ケースなしだった場合の両方を検証しているので、ケースをつけるかどうかを悩んでいる人は一度見てみるといいかもしれない。

またTechRaxも同様の落下テストを実施しており、アスファルトの上に「iPhone SE」を落下させた動画を公開している。

両方の検証から言えることは、ディスプレイがあるフロント面から落下させた場合、かなりの確率で画面がバキバキに割れてしまうということ。

最新の「iPhone 6s / 6s Plus」で同じように落下させてもディスプレイが割れないケースもあったのだが、検証動画で「iPhone SE」は落下に弱いことが明らかになった。

また、地面に落とすとそれだけでエッジ部分やサイド部分が欠けたり傷ついたりするようなので、綺麗なままのiPhoneを使用し続けたいのであれば、ケースをつける方が無難だと言えそうだ。

iphonese-test1

TechRaxは他にも、ナイフでエッジ部分を刻んでみたり、ハンマーでディスプレイを叩く検証も行っているが、どれも傷がつく結果になっているので保護するためにケースをつけるだけでなく、普段から落とさないようにするのが大事になるだろう。

上記の検証動画も掲載しておくので、気になる人は下記からどうぞ!

iphonese-test1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう