Adobe、「Photoshop」のiPad向けフルバージョンアプリを2019年から提供か デスクトップ版の機能が全て使えるように

Adobeの人気画像編集ソフト「Photoshop」の全機能が使えるiPadアプリが来年リリースされることになるかもしれない。

Bloombergによると、AdobeはiPad向けに「Photoshop」のフルバージョンをリリースする予定であるとのこと。発表は今年10月の「Adobe Max Creative Conference」で行われ、リリースは早ければ2019年になるものと見られている。

iPadで「Photoshop」の全機能が利用可能に

現在、iPad向け「Photoshop」アプリといえば、すでに「Adobe Photoshop Mix」や「Adobe Photoshop Fix」などが利用可能だが、これらのアプリはあくまでPhotoshopの一部の機能だけが使えるアプリとなっている。

今回Bloombergが報じたのはフルバージョンということなので、デスクトップ版で利用できる全機能が利用できるようになることが予想される。また、複数デバイス間でのより充実した同期機能も提供したいとAdobeは考えているとのことだ。

ちなみに、AdobeはIllustratorの新バージョンの開発も行っているようだが、こちらはリリースまでまだまだ時間が必要だとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。