ポケモンxティーウェイ航空が提携、「ピカチュウジェットTW」 就航。韓国初のポケモンジェット誕生

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

12月29日、ポケモンは『そらとぶピカチュウプロジェクト』の一環として、韓国ティーウェイ航空との提携を発表。新たなピカチュウジェットとなる 「ピカチュウジェットTW」 が就航したと発表した。

昨日12月28日(水)に韓国の金浦空港にて 「ピカチュウジェット TW」 の就航記念式が開催された。

記念式では、ティーウェイ航空の代表取締役社長鄭 鴻根(Jeong Hong-geun)氏、および韓国空港公社ソウル地域本部長金 斗煥(Do Hwan Kim)氏、株式会社ポケモンコリアCEO林 宰範(Lim Jai-boem)氏、株式会社ポケモン執行 役員福永 晋氏が登壇。今回の取り組みについて 「『ピカチュウジェット TW』を通じて世界中のお客様に楽しい経験をお届けできることを嬉しく思う」 と期待を述べた。

記念式の行われた28日に、ソウル金浦空港から台北松山空港への初フライトが行われ、今後韓国の国内線、アジアを中心に国際線を運航する予定となっている。なお、韓国でピカチュウジェットが誕生するのは今回が初。

「そらとぶピカチュウプロジェクト」 は、人々が自由に移動できるようになったときに向けて、”人と人、人と地域をつなぎ、観光・航空業界への貢献” を目指すためにポケモンが発足したもの。2020年3月頃にプロジェクトの構想が始動し、2021年6月に始動した。

同プロジェクトの一環で、ポケモンたちを描いた塗装機 「ピカチュウジェット」 が次々と誕生している。

第1弾・第2弾はスカイマークとの提携で、「ピカチュウジェット BC」 「ピカチュウジェット BC2」 が誕生。

さらに今年7月には、台湾の中華航空との提携で 「ピカチュウジェットCI」 が就航。今年9月にシンガポールのスクートとの提携で 「ピカチュウジェットTR」 が誕生した。

今回の 「ピカチュウジェット TW」 は、上記に続く5機目のピカチュウジェットとなる。機体には、カラフルなスポットライトや音符が描かれ、キラキラと光るステージが表現されている。

機内では、ボーディングミュージックをはじめ、機内装飾やアメニティなど多様な体験を通じて、ポケモンと共にワクワクする旅をお届け。2023年1月1日からは、「ピカチュウジェット TW」 機内でオリジナル商品の販売も予定しているとのことだ。

関連記事
ポケモン、「そらとぶピカチュウプロジェクト」 Scootと提携。ラッピング機 「ピカチュウジェットTR」 9月就航へ
スカイマークのポケモン特別塗装機 「ピカチュウジェットBC」 2号機、5月30日就航決定

©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
TM &® are trademarks of Nintendo.

(画像提供:ポケモン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。