PITAKAのiPad mini 6用ケース+スタンド レビュー。MagSafeのようなワイヤレス充電が利用可能に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

iPhoneのMagSafe充電はとても便利で、一度使って慣れてしまうと他のデバイスでもマグネット式のワイヤレス充電を使いたくなる。

MagSafe充電は、iPhone 12シリーズ以降のiPhoneとAirPods Proの充電ケースなど一部製品のみで利用できるが、なんとiPad mini (第6世代) でも同じようにマグネット式のワイヤレス充電を使えるようになるアクセサリーがある。PITAKAのiPad mini (第6世代) 用ケース 「MagEZ Case Pro」 だ。

今回、PITAKAから 「MagEZ Case Pro」 のサンプルを提供いただき、実際に使ってみることができた。どういった仕組みでワイヤレス充電を実現しているのか、実用性はどうなのかなど、詳しく紹介する。

また、「MagEZ Case Pro」 と一緒に使用できるスタンド 「MagEZ Charging Stand」 のサンプルも一緒に提供いただいたので、こちらの使い勝手についても紹介したい。

iPad miniをワイヤレス充電可能にするケース 「MagEZ Case Pro」

「MagEZ Case Pro」 は、iPad miniに装着することでワイヤレス充電を可能にするケースだ。

ケースは黒色で、背面には斜め模様が入ったデザインが採用されている。シンプルなデザインなので、ビジネス利用などにもピッタリ。背面は触るとザラザラとしていて、持ったときに手から滑り落ちにくくなっている。

ケース下部にあるUSB-CコネクタをiPad miniに接続する必要があるため、装着時には下部→上部の順でケースをはめるようにしよう。

カメラやサイドボタン、スピーカーの穴は正確に切り抜かれていて、ケースがカメラやボタンに干渉してしまうことはない。音量ボタンはケースによって覆われてしまう仕様だが、ボタンに沿って凹凸が付けられているため、しっかりと押し心地を感じられるようになっている。

iPad mini本体のUSB-Cポートは使用できなくなるので注意

iPad mini本体のUSB-Cポートはケースと接続する仕様のため、本ケース使用時は有線充電やUSB-Cポートを使用する外部アクセサリができなくなる。iPad miniのUSB-Cポートを使用したい場合は、ケースを取り外すしかないのがちょっぴり難点だ。

ケース本体は1500Dアラミド繊維とTPUの一体成型になっていて、iPad miniを軍用級の保護性能でしっかりと守ってくれる。また、ケースの縁やカメラ部分の穴がiPad miniよりもわずかに高くなっていることで、擦り傷などからiPad miniを守ることができる。

側面部分にはケース越しでもApple Pencilが装着できるようになっている。もちろんApple Pencilの充電も利用可能だ。付属してくるペンクリップでApple Pencilを固定できるため、落下の心配なく安心して持ち運びできるのもグッドポイント。

背面部分の 「×」 印部分にはマグネットが内蔵されていて、付属してくる専用充電チャージャー 「Pita!Flow Charger」 をこの部分にくっつけることで、ワイヤレス充電ができる仕組み。マグネットは強力なものが使われていて、充電パッドが簡単に外れてしまうことがない。

専用充電チャージャーへの給電には20W以上のUSB-C充電器(PD対応)が必要だが、iPad mini (第6世代) には同梱物として20Wの充電アダプタが付属してくるため、これを流用すればOKだ。

ワイヤレス充電スタンド 「MagEZ Charging Stand」 も便利

iPad miniの画面を指で操作したり、動画を視聴することが多い人には、iPad miniを固定しながらワイヤレス充電ができる 「MagEZ Charging Stand」 もオススメだ。

「MagEZ Case Pro」 を装着したiPad miniをスタンドに取り付けるだけで、ワイヤレス充電をしながら作業&動画視聴ができる。強力マグネットのおかげで画面タッチ時にiPad miniがぐらぐらしないため、とても快適に作業できるのが特長だ。

スタンドの高さは約24.5cmと高めになっていて、目線の高さにiPad miniを固定できる。iPad miniの角度は-5°〜32.5°の範囲で調節可能だ。

スタンドの脚の部分には、Qi規格に対応したワイヤレス充電器も搭載されていて、最大15Wのワイヤレス充電が利用できる。この部分にはマグネットは内蔵されていないため、置く位置のズレによる充電失敗には注意しながら利用していただきたい。

まとめ

今回紹介した 「MagEZ Case Pro」 と 「MagEZ Charging Stand」 は、ワイヤレス充電非対応のiPad mini (第6世代) でワイヤレス充電を利用可能にするユニークな商品だ。

特に筆者が良いなと感じたのが、マグネットの磁力が強力なこと。サードパティー製のワイヤレス充電パッドなどは磁力が弱いものが多く、すぐに充電パッドが外れてしまいがちなのだが、本製品はがっちりと充電パッド部分が固定でき、充電失敗のリスクが低くなっている。

ケースを取り付けてしまうとiPad mini本体のUSB-Cポートが塞がってしまうため、有線充電やUSB-Cポートを使用するアクセサリが利用できないというデメリットはあるものの、ケースの脱着はそこまで手間がかからないため、iPad miniのUSB-Cポートを頻繁に使用する機会が少ないなら大きな問題にはならないはずだ。

「MagEZ Case Pro」 と 「MagEZ Charging Stand」 は、いずれもAmazon.co.jpで購入可能。価格は 「MagEZ Case Pro」 が9,999円、「MagEZ Charging Stand」 が16,599円だ (いずれも税込) 。

「MagEZ Charging Stand」 を使いたい場合は 「MagEZ Case Pro」 が必要になるため、忘れずに購入していただきたい。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。