Pixel 4aに水色新色 「Barely Blue」 登場。日本では年内発売予定

11月16日(現地時間)、Googleは同社スマートフォン 「Pixel 4a」 の新カラーモデル 「Barely Blue (=かろうじて青)」 を発売することを発表した。

販売はGoogleストアでのみ数量限定で行われるとのこと。現在、米国で販売が行われているが、米国Engadgetによれば年内には日本でも販売される予定であるとのことだ。

Pixel 4aの新カラーモデル 「Barely Blue」 が登場

「Pixel 4a」 は2020年8月4日に発表されたGoogleの新型スマートフォン。2019年10月に発売した 「Pixel 4」 の廉価モデルで、2019年5月に発売した 「Pixel 3a / 3a XL」 の後継モデルとして登場したモデルだ。

「Pixel 4」  の基本的なデザインやコンセプトを踏襲しながら、随所でコストダウンを図っており、「Pixel 4」 の半額近くで近い価格でPixel 4シリーズの高機能を利用できるのが大きな特徴となっている。

今回登場した 「Barely Blue (=かろうじて青)」 は以前から噂のあったカラー。著名リーカーJon Prosser氏が、「Pixel 4a」 のカラーラインナップは 「Just Black」 「Barely Blue」 の2色と今年5月時点で伝えていたが、その後ブルーモデルは廃止されたと今年6月に伝えていた。

Googleがなぜこのタイミングで新カラーモデルを投入したのかは不明だが、ブルーモデルはもとより限定色として作られていたのか、それともホリデーシーズンを睨み数量限定モデルを投入する計画だったのか、もしくはブルーモデルは生産していたものの最終的に販売しないことを決めたことによる単なる在庫処分として販売するつもりなのか、いずれにしても一時的とはいえカラーラインナップが増えることは、「Pixel 4a」 を購入したいユーザーにとって悪いことではなさそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。