Pixel 4a、発表は7月13日。発売はジャストブラックが8月6日、ベアリーブルーが10月1日との予測

Googleが近く発表するとみられる、新型スマートフォン 「Pixel 4a」 。発売は6月中を予想する声が多いが、著名リーカーのもたらしたリーク情報によって、もっと遅い発売になる可能性があることがわかった。

現地時間5月20日、リーカーJon Prosser氏は 「Pixel 4a」 が7月13日に発表されると伝えた。

また、Pixel 4aには2色のカラーが用意される予定で、カラーモデルごとに発売日が異なるという。1モデルが8月6日、1モデルは10月1日に発売するとのことだ。

Pixel 4aの発表は7月13日か

「Pixel 4a」 はGoogleが開発しているミドルスペックのスマートフォン。5.81インチの有機ELディスプレイを搭載すると予想されている。

本製品は当初は5月の発売を予定していたが、その後発売が延期され、独Vodafoneの内部資料から6月上旬の発売が予想されていた。しかし、今回のJon Prosserの情報が正しいのであれば再び発売が延期されたことになる。発売延期の理由はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)とみられる。

同リーカーによれば、「Pixel 4a」 は黒と青の2色展開。ジャストブラックとベアリーブルー (“単なる黒”と“かろうじて青”という意味) というカラー名になるとのこと。発表は7月13日だが、発売はジャストブラックが8月6日、ベアリーブルーが10月1日になるという。すでに出荷準備は整いつつあるようだが、市場分析の結果、発売時期をズラしているのだとか。

「Pixel 4a」 は4Gに対応し、次世代移動通信規格5Gには対応しないという。

また、次世代フラグシップモデル 「Pixel 5」 についても、「Pixel 4a」 の遅れに合わせるように発売が遅れる可能性があるという。

Googleは来月4日にオンライン発表イベントを開催予定で、同イベントで 「Pixel 4a」 などの新製品を発表することが予想されていたが、残念ながら披露はすこし先になってしまうのかもしれない。ちなみにPixelシリーズといえば大型モデルが用意されることが多いが、今回は 「Pixel 4a XL」 は用意されないという。

追記 (2020/05/22)
Jon Prosser氏が新たな情報を公開したのでその内容を追記しました。

関連記事
Google、低価格スマホ 「Pixel 4a」 準備中。価格は399ドルで前モデルから据え置きか
「Pixel 4a」 の実機写真が流出。パンチホールデザイン採用、背面カメラは単眼レンズか

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。