今秋発売の 「Pixel 5」 のティザー画像が流出。5Gへの対応や一部デザインが判明

Googleが今秋に発売すると噂の新型スマートフォン 「Pixel 5」 のティザー画像とみられる画像が流出した。同画像からは 「Pixel 5」 の一部デザインや、5Gに対応することが明らかになっている。

また、Googleは現地時間8月3日に 「Pixel 4a」 を発売するとみられているが、その発表を前に 「Pixel 4a」 のスペックや価格、5G対応モデルの登場などに関する情報も判明している。以下で詳細をお伝えしたい。

「Pixel 5」 のティザー画像から一部デザインと5G対応が判明

ティザー画像を公開したのは実績のある著名リーカーIshan Agarwal (@ishanagarwal24) 氏。画像内には2つの端末が並んでおり、背景には 「5G」 の文字が書かれていることから、この2つの端末が5G対応モデルであることをアピールしているものと思われる。

Ishan Agarwal氏によると、このうちの左側が 「Pixel 5」 であるという。側面のフレームはザラザラとした素材が採用されており、電源ボタンは光沢のある素材が使用されているなど、最新モデルに相応しいプレミアム感が漂っている。カメラユニットは現行の 「Pixel 4」 と同じくスクエア型が採用されているようだ。

また、「Pixel 5」 と並ぶように右側に配置されている端末は 「Pixel 4a」 の5Gモデルであるという。

「Pixel 5」 とは違って側面フレームにはマットな素材が使用されており、電源ボタンも白っぽく光沢のないデザイン。以前流出した 「Pixel 4a」 のブラックモデルとみられる画像では、電源ボタンが緑色になっていたことから、4Gモデルと5Gモデルは電源ボタンのカラーで見分けがつくようになっていることが予想される。また、端末サイズは 「Pixel 4a」 の5Gモデルの方が 「Pixel 5」 よりも大きくなっていることが確認できる。

本来なら春に発売予定だった 「Pixel 4a」 の発売が夏にずれ込んでしまったことから、Googleとしては5G対応スマートフォンとして 「Pixel 5」 と 「Pixel 4a」 の5Gモデルを販売することで、「Pixel 4a」 の販売を促進する狙いがあるのかもしれない。

「Pixel 4a」 の5Gモデルは 「Pixel 5」 と同じく今秋に発売される予定で、米国での価格は499ドル。もしかすると今晩の4Gモデルの発表の際に何らかのアナウンスが行われる可能性がありそうだ。

Pixel 4aのスペックや価格も明らかに

ちなみに、Ishan Agarwal氏は今晩発表が予定されている 「Pixel 4a」 の4Gモデルのスペックについてもリーク情報を伝えている

同氏によると、「Pixel 4a」 は6GBのメモリと128GBのストレージを搭載し、米国では349ドルで販売される見通し。画面は5.81インチのパンチホールデザインが採用された19.5:9の有機ELディスプレイが搭載され、プロセッサには 「Snapdragon 730G」 が採用される。本体サイズは144×69.4×8.2mmで、重量は143g、バッテリー容量は3140mAhだ。

( via 9to5Google )

関連記事
「Pixel 4a」 が8月3日に正式発表へ。Googleがティザーサイト公開
Google、誤って 「Pixel 4a」 の公式画像をストアに掲載。発表はまもなくか

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。