Pixel 6シリーズには画面内蔵型指紋センサーが搭載へ。Google上級副社長が一部仕様を明らかに

Googleの次期フラグシップスマートフォン 「Pixel 6」 シリーズの一部仕様が明らかになった。

米テックメディアThe Vergeが、GoogleのRick Osterlohハードウェア担当上級副社長にインタビューを行い、「Pixel 6」 シリーズのより具体的な仕様を報じている。

Pixel 6

The Vergeによると、「Pixel 6」 には6.4インチFHD+ディスプレイが搭載されるとのこと。画面はフラット仕様。最大リフレッシュレートは90Hzで、画面には指紋認証センサー、パンチホール式でフロントカメラが埋め込まれる。

リアカメラは、広角と超広角のデュアルカメラ。内蔵チップはTensorとTitan M2。TensorはPixel用に開発された自社独自チップだ。

ボディ側面はマットな質感を持つアルミニウムフレームが採用されている。

Pixel 6 Pro

「Pixel 6」 には6.7インチQHD+ディスプレイが搭載されるとのこと。画面は端がわずかに湾曲する仕様になっている。最大リフレッシュレートは120Hzで、画面には指紋認証センサー、パンチホール式でフロントカメラが埋め込まれる。

リアカメラは、広角と超広角、望遠の3眼仕様。望遠レンズは4倍光学ズームに対応。広角レンズは従来比で50%多く光を取り込むことができるという。

内蔵チップはTensorとTitan M2。TensorはPixel用に開発された自社独自チップだ。

ボディ側面は光沢感のあるアルミニウムフレームが採用されている。

「Pixel 6」 および 「Pixel 6 Pro」 は、今年秋に発売が予定されている。具体的な発売日や価格はまだ告知されていないものの、Rick Osterloh氏は本製品を 「プレミアム価格な製品になるだろう」 と述べたことから、The Vergeは1,000ドルを超える(10〜11万円を超える)可能性があると指摘している。

昨日正式に発表された 「Pixel 6」 および 「Pixel 6 Pro」 に関する情報はこちらの記事から確認できる。

関連記事
Googleが 「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 正式発表、今秋に発売。独自チップ 「Tensor」 搭載

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。