「Pixel 6a」 の予約受付がGoogleストア、au、ソフトバンクで開始。発売は7月28日

7月21日、Googleの新型スマートフォン 「Pixel 6a」 の予約受付がGoogle、au、ソフトバンクの各ストアで開始された。発売は7月28日を予定している。

価格はGoogleストアでは53,900円、auは53,270円、ソフトバンクでは67,680円で、auは 「スマホトクするプログラム」 利用で最安27,830円、ソフトバンクは 「スマホトクするプログラム」 利用で最安33,840円で購入可能だ (いずれも税込) 。

Pixel 6aの予約受付が各ストアで開始

「Pixel 6a」 は、2021年8月に発売したミッドレンジスマートフォン 「Pixel 5a (5G)」 の実質的後継モデル、かつ 「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 のエントリーモデルにあたる5Gスマートフォン。

デザインは 「Pixel 6」 シリーズのものを使用し、一部機能などを省くことで安価での提供を実現した。

「Pixel 6a」 には、常時点灯 (Always-on display) に対応した6.1インチ (156mm) のディスプレイが搭載される。解像度は2,340 x 1,080ピクセル(FHD+)、アスペクト比は20:9、リフレッシュレートは最大60Hz。コントラスト比は1,000,000:1でHDRをサポート。ディスプレイ上のガラスパネルは、Corningの強化ガラス 「Gorilla Glass 3」 が搭載される。

生体認証は、画面内蔵型の指紋認証センサーで行う。登録した指を画面上に載せることで、画面のロック解除等が可能だ。

プロセッサには、Googleの独自チップ 「Google Tensor」 が採用され、セキュリティチップには 「Taitan M2コプロセッサ」 が使用される。メモリ(RAM)は6GB LPDDR5、内蔵ストレージ容量は128GB (UFS 3.1)。

リアカメラは1220万画素のデュアル広角カメラ、1200万画素の超広角カメラのデュアル仕様で、各種AI処理を駆使した綺麗な写真の撮影のほか、昨年10月に発表され、Pixel 6で先行実装された、写り込んだオブジェクトを消す機能 「消しゴムマジック (海外ではMagic Eraser)」 にも対応する。

フロントカメラは800万画素のシングル仕様。肌の質感をリアルに表現するリアルトーンや、顔のブレ軽減機能 「Face Unblur」 もサポート。

動画は、リアカメラで4K/60fpsでの撮影が可能。フロントカメラでは1080p/30fpsでの撮影が可能。スローモーション撮影は最大240fpsとなる。スタビライゼーション機能に対応した4Kタイムラプス動画も撮影可能だ。

バッテリー容量は4,306mAhで、駆動時間は24時間で、バッテリーセーバー機能を利用することで最大72時間駆動させることが可能。なお、急速充電機能に対応しており、万が一のバッテリー切れも安心だ。

搭載スピーカーはステレオ仕様。ノイズ除去機能に対応したマイクがふたつ搭載される。外部コネクタはUSB Type-Cのみで3.5mmオーディオジャックは搭載されていない。カラーラインナップはSage、Chalk、Charcoalの3色展開だ。

「Pixel 6a」 は、Google、au、ソフトバンクの各ストアで本日から予約受付が開始されており、1週間後の7月28日に発売する。

価格はGoogleストアでは53,900円、auは53,270円、ソフトバンクでは67,680円で、auは 「スマホトクするプログラム」 利用で最安27,830円、ソフトバンクは 「スマホトクするプログラム」 利用で最安33,840円で購入可能だ (いずれも税込) 。

(画像:Google)

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

KDDIの商品および各サービスの名称等は、KDDIの商標または登録商標です。

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。