PlayStationのGame Pass対抗サブスク、早ければ来週発表か。Bloombergが報じる

ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE) は、Microsoftの定額制ゲーム配信サービス 「Xbox Game Pass」 に対抗するPlayStation向けの新たなサブスクリプションサービスの投入を検討していると噂されている。

この新サブスクサービスが、早ければ来週中にも発表されることになるかもしれない。米Bloombergの記者Jason Schreier氏と望月崇氏が伝えている。

PlayStationのGame Pass対抗サブスクが来週発表?

SIEが計画しているとされる新しいサブスクサービスは 「Spartacus」 というコードネームで開発されており、PS4とPS5で月額料金を支払って利用するサービスになると伝えられている。

計画に詳しい関係者からの話によると、PS版Game Passとも言える同サービスは早ければ来週にも発表され、近年ヒットしたゲームを集めた豪華なラインナップでデビューするとのこと。ただし、「Xbox Game Pass」 のように大作タイトルを発売日に提供するようなサービスにはならず、たとえば2022年発売予定の『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』がすぐに同サービスで提供されることはないと関係者は述べたという。

同サービスについては、PS PlusとPS Nowのサービスが統合されたような機能を持ち、PS4やPS5のカタログがフリープレイのような形で大規模展開されるサービスになるほか、体験版の拡張やゲームストリーミングサービス、さらにはPS1、PS2、PS3、PSPのゲームライブラリが追加されるとも伝えられている。

新サブスクサービスは早ければ来週中にも発表される見通し。近年、販売台数ではXboxを上回っているものの、ストリーミング市場においては遅れをとっているPlayStationが、新サービスによってどれほど優位に立てるのか、今後の動きに注目だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。