ソニーの定額ゲーム配信サービス 「PlayStation Now」 が大幅値下げ 月額2,500円が1,180円に

10月2日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、同社が提供する定額制ゲーム配信サービス 「PlayStation Now」 の料金体系を値下げすることを発表した。さらにこれまで利用できなかった12カ月利用権についても販売が開始されている。

「PlayStation Now」 の料金が大幅値下げ

今回の料金体系の変更によって、1カ月の利用権は月額1,180円(従来は2,500円)に、3カ月利用権は2,980円(5,900円)、12カ月利用権は6,980円 (日本では初登場) で購入できる。値下げはいずれも大幅なものになっているが、これはApple ArcadeやGoogleのStadiaなど多数のゲーム配信サービスが登場したことを受け、対抗したものとみられる。

  旧価格(税込) 新価格(税込)
1ヶ月利用権 2,500円 1,180円
3ヶ月利用権 5,900円 2,980円
12ヶ月利用権 6,980円

「PlayStation Now」 は、ソニーがPSプラットフォーム向けに提供する定額制ゲーム配信サービス。同サービスに加入することで、配信されているゲームを制限なくプレイすることが可能になる。

今年はじめに19ヶ国で利用できるようになったことで、PS4のグローバルユーザー全体の70%をカバーできているとのことだ。

PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-12-19)
売り上げランキング: 109
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。