+メッセージ、携帯3社すべてのブランドとMVNOに拡大

9月2日、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社は、メッセージサービス 「+メッセージ」 を携帯3社すべてのブランドとMVNOに拡大すると発表した。

「+メッセージ」 携帯3社全ブランドおよびMVNOで利用可能に

これまではNTTドコモ(ahamo含む)、au(povo含む)、ソフトバンクで提供されていたが、これからはUQ mobile、ワイモバイル、LINEMO、各MVNOが加わることになる。

提供は2021年9月2日から順次。UQ mobileとKDDI系MVNOでは本日9月2日から、ドコモ系MVNOでは2021年9月下旬から、ワイモバイル、LINEMO、ソフトバンク系MVNOは2022年春からを予定している。

「+メッセージ」 は、GSMAで世界的に標準化されているRCS (Rich Communication Service) に準拠したメッセージサービス。利用者がメッセージを送受信する相手先の携帯電話事業者を意識することなく快適に利用できるよう、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができるコミュニケーションを豊かにするサービスとして2018年5月に提供を開始された。利用者数は2021年7月に2,500万人を突破している。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。