スマートロボット掃除機 B300 レビュー | 2万円で吸い込み・水拭きの両方に対応した高コスパモデル

指定した時間になったら自動で部屋をお掃除してくれるロボット掃除機は、家事や仕事などで忙しい現代人の生活を支えてくれる便利アイテムのひとつだ。

ロボット掃除機というと、数年前までは高価なイメージがあった。しかし、近年はエントリーモデルなど安価なモデルも多数登場しており、自分の生活にあったモデルが選びやすくなっている。

そんなエントリーモデルの中でも、約2万円と比較的安価でありながら吸い込み掃除と水拭き掃除の両方に対応した製品がある。+Styleのスマートロボット掃除機 「B300」 だ。

今回、+Styleから本製品のサンプルを提供いただき、実際に日々の自宅の掃除に使ってみることができたので、詳しい性能について紹介する。安価で高機能なロボット掃除機を探している方は、ぜひご一読いただきたい。

B300のデザインをチェック

今回紹介する 「B300」 は、+Styleが販売するスマートロボット掃除機のエントリーモデルにあたる製品。

約2万円とロボット掃除機としては低価格でありながら、吸い込み掃除と水拭き掃除の2種類の掃除方法が利用できるほか、簡易的なルームマッピング機能(ジャイロセンサー)にも対応している。エントリーモデルとは思えないくらい高機能だ。

上記がB300を上から見たときの様子。清潔感のある白のボディに、電源・ホームボタンとWi-Fiランプが搭載されている。

本体は円形になっていて、直径が32.2cm。厚さはわずか6.2cmと薄型設計で、ソファの下など掃除機では掃除しにくい狭いところにもどんどん入っていって掃除してくれる。

上記が本体をひっくり返した様子。ゴミは上部左右にあるサイドブラシで中央にかき集めて、中央のメインブラシで回収する仕組みだ。サイドブラシやメインブラシ、車輪部分には長い髪の毛・ペットの毛などが絡みやすいので、こまめに取り除くようにしたい。

メインブラシによって回収されたゴミはダストボックス内に入る。ダストボックスには正面カバーをパカっと開くことでアクセス可能だ。ダストボックスは丸洗いできるようになっているので、汚れが溜まってきたら定期的に洗っておこう。

ちなみに、このダストボックスを水拭きタンクに変更して本体下部に水拭きモップを装着すれば、水拭きモードが利用可能だ。

実際に部屋を掃除してみた

B300の実力はどれほどのものなのか。実際に筆者の部屋を掃除してもらった。

掃除開始を指示すると、キィーンと気持ちの良いモーター音を鳴らしながらB300が始動。動作音は一般的なロボット掃除機と同じくらいで、特段うるさく感じることはなかった。

B300の基本となるモードは、部屋全体を自動で掃除する 「オート」 。各種センサーを使って部屋の形状や障害物を認識し、効率よく部屋全体を掃除する。

吸引力は弱・中・強の3段階が用意されていて、通常の床は 「中」 で問題ないと感じた。もし毛の長めのカーペットの上などを掃除したいなら 「強」 にすることでしっかりとゴミを回収してくれるはずだ。

オートのほかには、特定の場所を重点的に掃除する 「エッジ指定」 「スポット指定」 が利用可能。それぞれ 「エッジ指定」 は汚れが溜まりやすい部屋の隅を重点的に掃除するモードで、「スポット指定」 はB300を中心として半径50cmの範囲を集中的に掃除するモードだ。

椅子の足を回避しながらお掃除

B300が掃除する様子を眺めていて感動したのが、障害物の認識精度がとても高いこと。椅子やテーブルの脚などの障害物をスイスイと避けながら掃除していた。これなら掃除のたびに家具などを傷つけたり、壊したりする心配はほとんどいらないだろう。

もしB300が入ってほしくない場所があるなら、同梱されてくる磁気テープを敷いておけばその場所には入っていかなくなる。このテープを実際に使用するのにはすこし勇気がいるため、今回のレビューではあえて使用しなかったが、ぜひご自宅の環境にあわせてうまく使ってみていただきたい。

+Styleの他の製品と連携してより便利に

バッテリーが足りなくなったらステーションに戻って自動充電

+Styleの製品は、アプリを使って機器同士を連携することでより便利に使えるようになっている。

今回、B300と一緒にスマートLED電球(人感)スマートマルチリモコンも提供いただいたので、アプリから連携させて 「ユーザーが家から出たことを検知してテレビがオフになり、B300が掃除をスタートする」 といった連携を実現してみた。

複数製品の連携をするには、アプリの 「スマートモード」 から設定する。今回は玄関に設置したスマート電球が特定の時間に人の動きを感知して点灯することで 「ユーザーが家を出た」 と判断、それを起点にスマートマルチリモコンがテレビをオフにして、B300が掃除をスタートするように設定した。

家から出た後にペット用の見守りカメラを使って部屋を見てみたところ、設定どおりにテレビがオフになり、B300が掃除をしているのが確認できた。

スマートLED電球(人感)はただ電気をつけるだけでなく、人の出入りを連携のトリガーにしやすいため、B300だけでなく様々なスマート家電とも相性が良い。

また、スマートマルチリモコンは家電に使われている赤外線のリモコンをひとまとめにでき、エアコンやテレビなどスマート化に対応していない製品も連携させられるというメリットがある。

どちらも便利なアイテムなので、+Styleの製品でスマートホーム化を進めるならぜひB300と併せて購入してみてはどうだろうか。

ちなみに、B300はスマートスピーカーとの連携にも対応している。対応する音声アシスタントはAlexa、Googleアシスタント。筆者の場合はAmazon Echoを多用しているため、Alexaと連携させてみた。

「アレクサ、お掃除開始」 のように声をかけることでお掃除が開始される (音声コマンドは自由に設定可能) 。最近のお掃除ロボットでは割と当たり前の機能ではあるが、本製品でもちゃんと利用できるので安心していただきたい。

まとめ

壁際に沿ってお掃除。隅もしっかりゴミが取れた

+StyleのB300は、エントリーモデルでありながら吸い込み掃除と水拭き掃除の一台二役を実現、価格も約2万円と高いコストパフォーマンスを誇る。

簡易的なものではあるがルームマッピング機能にも対応しているおかげで、部屋の構造などをきちんと把握し、障害物もしっかりと避けながら掃除を完了してくれる。初めてロボット掃除機を購入する方でも、性能面・価格面の両方からオススメできる製品と言えるだろう。

B300は通常19,800円(税込)で販売されているが、現在Amazonで配布中の2,000円オフクーポンを使うことで17,800円(税込)で購入可能だ。クーポンの利用期限は4月23日までとなっているので、ぜひこの機会に購入してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。