+Style、「+Style セキュリティカメラ」 「+Style ホームカメラ」 発売。11月11日まで最大2,000円オフで販売

BBソフトサービスは、プラススタイル事業において、「+Style セキュリティカメラ」 「+Style ホームカメラ」 を2021年11月11日より発売する。

+Style本店とAmazon店、PayPayモール店、楽天市場店で取り扱われ、価格は+Style セキュリティカメラが10,980円、+Style ホームカメラが6,480円 (いずれも税込) となっている。

また、発売記念キャンペーンにより、両製品とも11月21日までは割引価格で購入できる。それぞれ、+Style セキュリティカメラは2,000円オフの8,980円、+Style ホームカメラは1,500円オフの4,980円で購入可能だ (いずれも税込) 。

▼ 「+Style セキュリティカメラ」 を購入する
+Styleストア
・Amazon
楽天市場
PayPayモール

▼ 「+Style ホームカメラ」 を購入する
+Styleストア
・Amazon
楽天市場
PayPayモール

+Style セキュリティカメラ

「+Style セキュリティカメラ」 は、広角120°の200万画素カメラを搭載したセキュリティカメラ。1080pの解像度で、アプリを介して映像を視聴・録画再生が可能だ。

暗視撮影やモーション検知、双方向通話といったセキュリティカメラに必須の機能も搭載。暗視撮影では最大8m先まで最低3luxの低照度環境でも赤外線を用いた撮影が可能、モーション検知ではスマホへの通知はもちろん、自動録画開始機能にも対応する。

屋外で使うことを想定した製品であるため、当然ながら防水・防塵仕様になっている。防水等級はIP65。粉塵の侵入を防ぎ、あらゆる方向からの水の直接噴流による影響を受けない。

太陽光転換率20%のソーラーパネルが搭載されており、充電の手間を減らせる。太陽光が1日あたり4時間、3日連続でソーラーパネルにあたることで本体をフル充電することが可能。

また、大容量6,000mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載しているため、ソーラーパネルなしでも最長4カ月の稼働が可能だ。

録画に必要なmicroSDカードは最大128GBに対応しており、容量が足りなくなった場合でも自動的に古いデータから上書きすることで、撮り逃す心配がない。

▼ 「+Style セキュリティカメラ」 を購入する
+Styleストア
・Amazon
楽天市場
PayPayモール

+Style ホームカメラ

+Style ホームカメラは、左右355°、上下90°にカメラ部が動作することで全周撮影が可能なホームカメラ。セキュリティ用途だけでなく、見守り用途としても使える。

広角100°のレンズを採用し、1080p(1,920×1,080) の高解像度で撮影可能。アプリを介してカメラを左右上下に動かし、外出先からの家族やペットの見守りに使うことができる。

プライバシーにも配慮し、本製品には 「スリープモード」 が採用されている。モードをONにするとレンズが下を向いて撮影を中断。ふたたびオフにすると、レンズが上を向き撮影を再開する。

また、モーション検知ではスマホへの通知はもちろん、カメラが左右上下に動いている物体を追尾。自動的に録画を開始する。

なお、これら両製品はGoogleアシスタントおよびAmazon Alexaを搭載したスマートディスプレイとの連携に対応する。

「+Style セキュリティカメラ」 「+Style ホームカメラ」 は本日11月11日から販売が開始されている。価格は+Style セキュリティカメラが10,980円、+Style ホームカメラが6,480円 (いずれも税込)、+Style本店とAmazon店、PayPayモール店、楽天市場店で購入可能だ。

また、発売記念キャンペーンにより、両製品とも11月21日までは割引価格で購入できる。それぞれ、+Style セキュリティカメラは2,000円オフの8,980円、+Style ホームカメラは1,500円オフの4,980円で購入可能だ (いずれも税込) 。

▼ 「+Style ホームカメラ」 を購入する
+Styleストア
・Amazon
楽天市場
PayPayモール

+Styleは、プラススタイル株式会社の登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。