ポケモンセンターシブヤの店内を内覧レポート。動く等身大ミュウツーがカッコよすぎ!

今月22日の新生 「渋谷パルコ」 のグランドオープンに合わせる形で、都内4店舗目となるポケモンセンター 「ポケモンセンターシブヤ」 がいよいよオープンする。

同オープンに先駆け、メディア向け内覧会が19日に実施。報道陣向けに店内の様子が公開された。筆者は同内覧会に参加することができたので、当記事では店内の様子を写真を交えながら紹介したいと思う。

ポケモンセンターが渋谷に誕生。いまにも目醒めそうなミュウツーがお出迎え

「ポケモンセンター シブヤ」 は渋谷パルコ6階、国内初の任天堂直営店 「Nintendo TOKYO」 の隣に位置する。Nintendo TOKYOは大量のグッズが並べられていたが、ポケモンセンターシブヤも同じくらい多くのグッズが並べられていた。

同ストアを訪れてまず真っ先に目に入るのが等身大ミュウツー。培養管の中で眠っている状態だが、静かに息をしており、いまにも目を醒ましそう。

このミュウツーはアニマトロニクスという技術が使用されており、リアルな動きや質感を楽しむことができる。肌の質感がかなりリアルに作り込まれており、「本当にミュウツーがいたらこんな感じなんだな」 と思えるくらいのリアルさだった。ちなみにこの等身大ミュウツーがいるのはいまのところ 「ポケモンセンター シブヤ」 だけだ。

店内は黒を基調とした内装。ほかのポケモンセンターは白を基調とした明るい店舗デザインが採用されているが、「ポケモンセンター シブヤ」 はどちらかというと “クール” ”オシャレ” という言葉がよく似合う少しばかり攻めたデザインになっている。

並べられているグッズもかなり攻めた印象。今回、ポケモンセンターシブヤのオープンに合わせて、日本を代表するグラフィティアーティストNumber-D氏とのコラボアート商品が並ぶ。ぬいぐるみやマスコット、スケートボードデッキなど一部の商品は 「ポケモンセンターシブヤ」 のみの取り扱いだ。

そのほか、ポケモンに関するグッズは多数取り揃えられている。今月発売したばかりの『ポケットモンスター ソード・シールド』の最初の三匹(サルノリ・ヒバニー・メッソン)のぬいぐるみもサイズ別で販売中。また、名探偵ピカチュウに登場するシワシワピカチュウのぬいぐるみも購入することが可能だ。

店内には歴代のポケモンたちを調べられるタッチスクリーンが用意されている。タイプ別にポケモンがカテゴライズされており、画面をタッチしながらポケモンを探したり、知らないポケモンを勉強することが可能だ。

今回の『ポケットモンスター ソード・シールド』の発売に合わせてメッソンなど一部のポケモンは先行実装され、今後アップデートで追加されていくようだ。

また、店舗奥の方には『ポケットモンスター ソード・シールド』に出てくるロトミが置かれている。

この機械は人が近くを通ると話しかけてくれるもの。簡単な呼びかけをしているが、今後は会話が出来るようにアップデートをされていくとのことだ。ちなみに誕生月に貰えるバースデークラウンをかぶった状態でロトミに近づくと祝ってくれるのだとか。

「ポケモンセンターシブヤ」 のオープンは今月22日。同ストアのオープンを記念して、全国のポケモンセンター・ポケモンストアでは限定プロモカード 「シブヤのピカチュウ」 が配布される。配布は先着順でなくなり次第終了となってしまうため、欲しい方は早めにストアを訪れるようにしよう。

入り口のミュウツーはもちろん、他のポケモンセンターとはちょっぴり違う雰囲気の 「ポケモンセンターシブヤ」 。ポケモンファンの方はぜひとも足を運んでいただきたい。

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。