「名探偵ピカチュウ」 がNintendo Switchで完結 実写映画版とも異なる結末に

5月29日、株式会社ポケモンは 「ポケモン事業戦略発表会2019」 を開催。同発表会で、「名探偵ピカチュウ」 のNintendo Switch版を開発中であることを明らかにした。

実写映画の公開で話題沸騰中の 「名探偵ピカチュウ」 だが、同作はもともとNintendo 3DS向けタイトルとして2018年にローンチされた作品。Nintendo 3DS版では結末が 「続く」 となっていたことから続編を期待する声が上がっていたが、その”結末”は Nintendo Switchで楽しめるようだ。

Nintendo Switch版は 「名探偵ピカチュウ」 の物語の完結を収録しているという。詳細は発表されていないため、今後の続報に期待したい。

ちなみに、今回の発表会ではポケモンのスマホ向け新作ゲーム 「ポケモン スリープ」 や 「ポケモン マスターズ」 や、ハードの垣根を超えてポケモンが交換できるようになるクラウドサービス 「Pokémon HOME」 などが発表されている。詳細については以下の関連記事から確認を。

関連記事
ポケモン新作スマホゲーム「ポケモン スリープ」発表 iOS/Android向け2020年配信 新デバイス「Pokémon GO Plus+」も発表
ポケモン新作スマホゲーム 「ポケモン マスターズ」 発表 2019年内に配信予定。詳細は6月頃に公開
ポケモンのクラウドサービス 「Pokémon HOME」 発表 スイッチやスマホなどハードを超えてポケモン交換が可能に

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。